wen-wen.me

PR広告
ついにタイ進出決定!話題のあのお店。

2015/06/26

フィリピン

マニラで食品展示会 日系企業の出展も

マニラ首都圏ワールドトレードセンターで6月17日〜19日、フィリピンと世界各国からの食品サプライヤーが出展する食品の展示会「第2回SIAL ASEAN-MANILA 2015」が開催されました。主催はMAFBEX EVENT MANAGEMENT。 マニラでは近年、食品やレストランに関する展示会などのイベントが数多く開かれている。 日本企業をはじめ海外からの参加も多く、世界各国の食品、料理が会場内にひしめく。 同展の会場には100以上のブースが並び、農産物、シーフード、果物などフィリピンの名産品、特産品を紹介。 世界各国のサプライヤーが自国の商品をアピールしている。 日本の出展企業は、フィリピン各地の小エビや小魚などの加工製品を手掛ける「Fukui Food Philippine Inc.」、日本のノリをフィリピン国内のレストランなどに販売する「Maruta Foods Asia Inc」、鹿児島産和牛をフィリピンに広めたいと出展した「Starzen Meat Processor」の3社。 ヨーロッパ勢では、フランスの808メートルからくみ上げたミネラルウオーター「808」のブースに来 続きを読む

2015/06/24

ベトナム

三井住友建設、ホーチミン市郊外の高速道路工事連続受注

三井住友建設は24日、ホーチミン市とカイメップ・チーバイ港を結ぶ高速道路全58キロの一部区間の建設をベトナムの建設会社と共同でベトナム高速道路公社から受注したと発表した。日本の政府開発援助(ODA)事業で、請負金額は約201億円。 工事区間は総延長3186メートルで、橋梁部分が2982メートル。工期42カ月。 三井住友建設はこの高速道路の今回受注した区間に隣接する区間の建設も昨年7月に受注している。 三井住友建設 http://www.smcon.co.jp/

2015/06/19

ベトナム

ホーチミンにベトナム初のカプセルホテル

ホーチミンでバックパッカー街と呼ばれる Bui Vien通り(1区)にベトナム初のカプセルホテル「Kaiteki」がオープンし1年半ほどが経過し、にぎわいを見せている。 建物は6階建てで、全60室。カプセルルームの面積は2.5平方メートルで、ロッカー、無料Wi-Fi、共有トイレなどを完備。男女別のエリアに分けている。 利用客は外国人のバックパッカーのほか、カプセルホテルを体験したいと思うベトナム人もいる。毎日約80%が埋まっており、特に日曜・祝日は完全満室の状態という。 日本、アメリカなどのカプセルホテルのビジネス業態に興味を持っているオーナーのチェンユさん(24)は、ベトナムでまだ設備が用意できないため香港からカプセルルームを輸入し、2013年10月にベトナム初のカプセルホテルを開業。今後、ベトナム全土に広げていきたいという。 宿泊料金は、カプセルルーム=8米ドル(約980円)、スタンダードルーム=20~28ドル(約2400~3400円)。

2015/06/17

韓国

電子マネー機能付き腕時計 韓国のセブンイレブンで販売

韓国のセブンイレブンが6月16日、交通カードや流通店での決済、ポイントカード機能を搭載した腕時計「Cashbee Watch(キャッシュビーウオッチ)」を販売することを明らかにした。  「Cashbee」は、2007年よりイービーカード社が提供するプリペイド式の電子マネーサービス。同商品はアナログ方式の腕時計に無線高周波集積回路を入れ、タッチ型のカードとして使用可能。あらかじめ現金をチャージしておけば、地下鉄やバス、タクシーなどの公共交通機関をはじめ、コンビニやスーパーなど全国約8万店舗の加盟店で決済できる。デザインは全8種。価格は3万9,000ウォン~5万9,000ウォン。  ネット上では同商品について、「電子マネー機能が付いたクレジットカードは紛失の心配があったが、これなら安心」「ランニングをする時にぜひ使いたい」「普通の腕時計に見えるから違和感がない」などのコメントが上がっている。

2015/06/12

マレーシア

大和ハウス工業、マレーシアでプレハブ戸建て住宅

大和ハウス工業(大阪市)は11日、プレハブ工法による戸建て住宅の開発販売を行う合弁会社をマレーシアに設立したと発表しました。 新会社は「ダイワ・サンウェイ・デベロップメント」。資本金4063万リンギ(約14億円)で、大和ハウスが70%、マレーシアの大手不動産ディベロッパー、サンウェイが30%出資した。  合弁会社は今夏から、マレーシア・ジョホール州南部の総合都市開発計画サンウェイ・イスカンダル・プロジェクト内の約5・3ヘクタールに戸建て住宅100戸を建設し、2016年春から販売する。販売価格は7000万―9000万円台を予定。  開発・販売するマレーシア版の戸建て住宅は日本のプレハブ住宅の強みである高品質、短工期を実現。工期は約5カ月で、現地の在来工法の約半分に短縮する。天井高は3・4メートルと日本の約1・5倍に引き上げ、熱帯特有のよどんだ空気を室内上部に逃すとともに、天井設置のシーリングファンを利用して温められた空気とエアコンの冷気をかくはんすることで、空調効率を高める。 大和ハウス工業 http://www.daiwahouse.co.jp/

2015/06/11

ベトナム

清水建設、ホーチミン市で長大橋梁工事受注

清水建設とベトナムのビナコネックスE&C社の共同企業体がホーチミン市の南部に計画されている長大橋梁「ビンカイン橋」の架設工事をベトナム高速道路公社から受注し、9日、請負契約を締結した。 円借款事業で、受注金額は約207億円。 ビンカイン橋はホーチミン市とハノイ市を結ぶ南北高速道路の一部で、ホーチミン市南部を東西に走るベンルック―ロンタイン高速道路区間(57・1キロ)に位置する。橋は全長2764メートル、最大幅員30メートル。ニャーベー川を渡河する主橋梁部は橋長750メートル、最大支間長(橋脚間距離)375メートルの斜張橋で、橋桁をPC鋼線で吊り下げる主塔の高さは155メートルに達する。 現地の軟弱な地盤を克服するため、主塔の基礎には長さ64メートル、直径1・5メートルの長尺大口径の鋼管杭を144本打設する。工期は47カ月。 清水建設株式会社 http://www.shimz.co.jp/

2015/06/01

タイ

お好み焼き専門店「ぼてぢゅう」バンコクにタイ1号店

お好み焼き専門店「ぼてぢゅう」のタイ1号店が5月30日、バンコクのスクムビット・ソイ26通りのレストラン街「日本街」2階にオープンしました。 席数26。メニューは料理約120種類のほか、ジュース、アルコール類など。 オープン記念として、6月1日まで、1グループにつき、「とりからあげ」「ポテトフライ」「キムチ」「枝豆」「なすの浅漬け」「ヤム塩辛」から1品をサービスする。 「ぼてぢゅう」を展開するぼてぢゅうグループ(大阪市西成区)が、タイでの店舗展開とフランチャイズビジネスのため、森友通商とタイ法人MTトウキョウ・フードを設立、出店した。 タイでは将来的に、バンコクのほか、日本人駐在員が多い東部シラチャーなどで、計50店を展開する計画だ。 「ぼてぢゅう」は1946年、大阪玉出で創業。海外進出はタイがシンガポール、台湾、韓国に続く4カ国・地域目。 ぼてぢゅう http://www.botejyu.co.jp/

2015/05/30

韓国

カンナムに「エクストラコールドBAR」期間限定オープン 

ソウル市のカンナム駅近くに5月26日、「アサヒスーパードライ」を氷点下で提供する期間限定バー「エクストラコールドBAR」がオープンしました。 韓国でアサヒビールを輸入販売するロッテアサヒ酒類が運営し、韓国では2013年から期間限定でオープンする同店。ここ数日、夏の訪れを感じるような暑さが続き猛暑が予想されることもあり、今年はオープン日を昨年よりも1か月ほど早めた。 同店では、氷結した専用のドライタワーを設置し、通常のビールの温度よりも低い氷点下の温度帯(-2度~0度)で「アサヒスーパードライ」「アサヒスーパードライブラック」を提供するほか、フード類も「きのことアンチョビのトルティーヤピザ」「プルコギのキャベツロール」「スティックピザ」「チーズフォンデュ」など充実。店内では「エクストラコールド」を自分でつぐマイスターコーナーも設置し、体験者には「エクストラコールドマイスター認定証」を進呈する。 9月30日まで。6月末にはプサンのヘウンデにもオープン予定。 アサヒビール株式会社 http://www.asahibeer.co.jp/

2015/05/24

タイ

バンコクに天ぷら専門店「銀座ハゲ天」 海外進出1号店

バンコク伊勢丹(BTSチットロム駅前セントラルワールド内)6階「ごちそう通り」に5月13日、天ぷら専門店「銀座ハゲ天」の海外進出1号店がオープンした。 1928年創業の同店は「揚げたてをひとつひとつ」にこだわり、季節の新鮮なタネを卵たっぷりの薄めの衣、特製ブレンドのごま油を使ってカラリと揚げるのが特徴。現在、日本国内に93店舗を展開している。 主なメニューは、「コース」(スタンダード=500バーツ、バラエティー=600バーツ、オリジナル=700バーツ、スペシャル=900バーツ)、「大えび天丼」(400バーツ)など。予約だけの特別メニュー「松」「竹」「梅」(1人4,000バーツ~2,000バーツ)なども用意。接待や会食向けにも利用できる。 バンコク店でも日本の熟練の職人が「日本の本物の天ぷら」を、銀座本店と変わらない品質とサービスで提供するとしている。 銀座ハゲ天 http://www.hageten.com/

2015/05/22

香港

香港に「妖怪ウォッチ」期間限定ショップ

香港・旺角のランガムプレイス9階に5月、「妖怪ウォッチ」の期間限定のショツプ「発見!妖怪タウン」が登場した。5月3日のアニメ「妖怪ウォッチ」の香港でのテレビ放送開始に合わせ、NAMCOとBANDAIが共同企画した同店。 日本の東京駅で5000人が並ぶ記録を作ったポップアップストアと同様のコンセプトで展開し、グッズ販売とミニゲームの体験フロアで構成。ゲームセンターの一角に約300スクエアフィートのコーナーを設置する。 TVB翡翠台で毎週日曜朝に放送する同アニメは、5月3日に第1話を放送。同10日以降は2話ずつ1時間放送し、全35回を予定している。放送後1カ月間は、オンデマンド放送でも見ることができる。すべて広東語の吹き替え版。 日本では幼稚園~小学生を中心に子どもたちの間で人気を集めているが、香港では同店オープン初日に行列を作ったのは20代の女性やカップルだった。日本のキャラクター好きや猫好きがいち早く情報を手に入れ店に足を運んだ。 店内では、UFOキャッチャー(5香港ドル)で点数をためて好きな商品と交換できるゲームや、ショップ限定の「ツチノコパンダ」メダルが景品で選べるボール投げゲーム 続きを読む

  注目記事