wen-wen.me

PR広告
ついにタイ進出決定!話題のあのお店。

「 マカオ 」 一覧

2018/10/22

マカオ, 中国, 香港

香港・珠海市・マカオを結ぶ「港珠澳大橋」、10月23日に珠海で開通式

香港、珠海市、マカオを結ぶ「港珠澳大橋」の開通式が10月23日に行われることが明らかになった。 17~18日付香港各紙によると、中央人民政府駐香港特区連絡弁公室(中連弁)は17日、香港メディアに対し港珠澳大橋開通式の取材案内を通知した。開通式は23日に珠海市で行われるが、国家指導者が主宰するかどうかや正式な開通日には触れていない。    習近平・国家主席が広東省視察として20日に広州市の中山大学を訪れる消息筋情報があるため、開通式を主宰する可能性が高いという。また視察には香港・マカオ事務を主管する韓正・副首相が随行するともみられている。    特区政府運輸署は17日、越境バスの運行業者に「政府は短期的に港珠澳大橋の開通日時を発表する」と通達しており、業界では開通式の直後に正式開通するとみられているほか、28日に開通するとの消息筋情報もある。   参考文献:DIGIMA

2016/11/13

マカオ

第63回マカオGP開幕間近、公道レースのため交通規制に注意=公共バス43路線やリゾートホテルのシャトルバスに影響

マカオで年に一度開催されるモータースポーツの祭典、マカオグランプリの開幕が間近に迫っている。 今年(2016年)の「サンシティグループ第63回マカオグランプリ」の開催期間は11月17日から20日までの4日間。 マカオグランプリはマカオ半島に市街地中心部にある公道を使用した「ギア・サーキット」(全長約6.2キロメートル)が舞台となることから、開催期間中にはサーキット周辺を中心に通行止めや一方通行の方向調整といった交通規制が実施され、多くの公共バスとリゾートホテルのシャトルバスのルート、乗降場所が大幅変更となる。 マカオ政府交通事務局が11月10日の記者会見で明らかにした内容によれば、迂回ルートへの変更、運行区間の短縮、バス停位置の移転の対象となる公共バスの系統数は全体の半数以上の43にも及ぶとのと。 例年、グランプリ開催期間中のサーキット周辺は交通渋滞も激しさを増すため、市民や観光客の市内の移動に大きな影響が出ており、交通事務局では、迂回ルートの情報収集や、早めの出発を心がけるよう注意を呼びかけている。 なお、香港や広東省各地との間を結ぶ高速船が発着するマカオの主要な海の玄関口、外港フ 続きを読む

2016/11/10

マカオ

第16回マカオフードフェスティバル開幕…出店数約150=世界のグルメが一堂に会する人気イベント

毎年11月にマカオの観光名所、マカオタワー前の西灣湖広場で約2週間にわたって開催される大型屋台村イベントで、今年で16回目を迎える「マカオフードフェスティバル(中国語:澳門美食節)」が11月11日に開幕した。 マカオフードフェスティバルは地元飲食企業による中国料理、ポルトガル・マカオ料理、日本料理を含むアジア各地のメニューを味わうことができる屋台が多数並ぶほか、毎年特定の国にスポットを当てたコーナーを設けることでも知られ、今年はマレーシアとなっている。 なお、前々回は日本、前回は韓国だった。 ブース出展数は地元マカオの飲食店が120、マレーシアが26で、過去最大規模となった昨年とほぼ同規模。 マカオの飲食店のうち、およそ4割が初参加とのこと。 第16回マカオフードフェスティバルの会期は11月27日までの17日間。 マカオは香港や中国本土でグルメの街として知られているほか、例年会期中にはマカオグランプリも開催されることもあり、地元客だけでなく、多くの観光客を吸引するイベントとなっている。なお、入場無料だが、会場内で飲食する場合には各ブース共通のフードバウチャーを購入する必要がある。

2016/06/21

マカオ

アップルストアがマカオ初上陸

米アップル社の直営公式旗艦店、アップルストアがいよいよマカオ初上陸を果たすことが明らかになった。 同社が6月16日に発表した内容によれば、開業予定日は6月25日、店舗の場所はコタイ地区の大型カジノIR(複合型リゾート)ギャラクシーマカオ併設のショッピングアーケード内とのこと。 また、マカオ店のオープンに合わせてマカオ版の公式サイトも開設され、すでに店舗で開催予定のイベントやセミナーのスケジュールなどが紹介されている。 Apple Store http://www.apple.com/mo/

2015/10/28

マカオ

マカオ、映画がテーマの新IR「スタジオシティ」開幕=ノンゲーミング要素充実

マカオ・コタイ地区に10月27日、映画をテーマとした大型IR(統合型リゾート)「スタジオシティ」がオープン。運営会社によると、プロジェクト総工費は32億米ドル(日本円換算:約3900億円)に上る。 開幕時の従業員数は5000人で、今後8500人規模まで増えるという。 世界的歌姫マライア・キャリーら豪華スターを招いたコンサート、スタジオシティがテーマのショートフィルムで、マーティン・スコセッシが監督を務め、ロバート・デ・ニーロ、レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピットが出演する「The Audition(原題)」の上演など、華やかなセレモニーで幕を開けた。 スタジオシティは、ゲーミングテーブル250台のカジノ、客室数1600室のホテル、約2.8万平米のショッピングモール、5000席の多目的アリーナのほか、世界初の8の字型観覧車「ゴールデン・リール」、バットマンをテーマにしたアトラクション「バットマン・ダーク・フライト」、世界的イリュージョニストとして知られるフランツ・ハラレー氏プロデュースの常設型マジックアトラクション「ザ・ハウス・オブ・マジック」など、これまでマカオに不足していたファ 続きを読む

2015/10/25

マカオ

「Uber」マカオ上陸=スマホアプリ活用した配車サービス

スマートフォン向けのアプリを使った配車サービス「Uber(ウーバー)」が世界各地で急拡大している。 Uber公式ウェブサイトで10月22日、マカオでサービスを開始したことがアナウンスされた。 Uberはアナウンスの中で、これまでにマカオにおけるサービス開始時期に関する問い合わせが100件以上寄せられていたほか、マカオ市民による海外での利用が数千件に上り、12.7万人のマカオ市民やマカオ滞在中の旅客がマカオ域内でUberアプリを起動していたことなどを挙げ、ユーザーニーズに応えるかたちでのデビューであることを強調した。 また、マカオ出身で香港を中心に活躍する歌手、小肥(シウフェイ)さんがマカオでサービスを開始したUberの最初のユーザーとなったとして紹介している。 Uber https://www.uber.com/ja/

2015/09/17

マカオ

マカオ航空、マカオ〜東京・成田線をデイリー運航へ=11月11日から

マカオと日本(東京及び大阪)の間を結ぶ直行便を自社運航する唯一の航空会社となるマカオ航空が、今年(2015年)3月の大阪・関西国際空港線に続き、今年11月11日から東京・成田国際空港線についてもデイリー運航化(現在は火・木・土・日の週4便)する予定という。 日本のトラベル情報専門インターネットメディア、トライシーなどが報じた。また、報道内容によると、今回のデイリー化に伴い、機材についても従来のエアバスA319型からA320型に大型化を図るという。 マカオ航空のマカオ版ウェブサイトで確認したところ、すでに増便分の予約が可能な状態となっていることが確認できた。 マカオ航空の成田便は過去にデイリー運航を行っていた時期もあるが、2012年秋以降の日中関係の複雑化を受け、搭乗率が3割にまで落ち込んだことから、2013年1月に週2便へ大幅な減便を行った。その後、同年4月から週4便となり、現在に至っている。 昨今、マカオでは円安などを背景に日本渡航がブームとなっており、マカオから日本を訪れる訪日旅客需要の高まりで、日本線は定期便、チャーター便ともに高い搭乗率をキープしているとされる。 マカオ航空はマ 続きを読む

2015/08/28

マカオ

コンラッドマカオ。乳がん啓発活動「ピンク革命」をサポート

マカオのIR(統合型リゾート)サンズコタイセントラル内に入るコンラッドマカオは8月24日、香港ガン基金が一年に一度実施する乳がん啓発活動「ピンク革命(Pink Revolution)」のダイヤモンドスポンサーとして今年(2015年)10月1日から10月31日まで「ピンクインスパイア2015(PINK Inspired 2015)」キャンペーンを展開し、活動をサポートすることを発表しました。 キャンペーン期間中、ホテル外観のライトアップをピンク色とし、館内インテリアにもピンク色のフラワーアレンジメントやデコレーションを採用する予定です。 ホテル宿泊ゲストはチェックイン時に客室のデラックススイートへのアップグレード、ピンク色の限定版コンラッドベアのぬいぐるみ、レイトチェックアウト、アフターヌーンティクーポン2人分またはピンクフェイシャルスパトリートメント60分間などが付く「ピンク革命」プラン(価格は688香港ドル、1288香港ドルの2種)を追加することで、それぞれ100香港ドル(日本円換算:約1551円)分がピンク革命運動へ寄付される。 また、宿泊ゲストは館内でピンク革命運動へ全額が寄付さ 続きを読む

2015/02/03

マカオ, 香港

旧正月シーズン、香港・マカオのホテル価格急上昇

中国で大型連休となり、国内外への旅行のトップシーズンとなる旧正月連休が近づいてきました。広東省広州市の大手旅行代理店によると、旧正月シーズンの香港のホテル価格はおよそ5割上昇、マカオでは2倍以上になる見通しです。 旧正月シーズンの香港、マカオでは、例年ホテル価格が高騰することで知られますが、今年の特徴は「n」字型の価格上昇という。旧暦の大晦日にあたる2月18日が最も安く、元旦にあたる翌19日から急上昇、20-22日が最も高く、23日以降になって落ち着くそうです。 香港の各クラスのスタンダードなホテル価格は前年の旧正月と同じく、通常時期との比較でおよそ50%の上昇。最も上昇率が大きいのは、香港ディズニーランド内にある2つの公式ホテルで、平日価格との比較で71%増となる3360人民元(日本円換算:約6万3000円)に達し、かつ残室わずかとのこと。 繁華街の3つ星エコノミーチェーンホテルでも2倍以上の価格となるが、ビジネス客をターゲットとする4つ星、5つ星のハイエンドホテルでは20%程度の上昇と比較的安定しているそうです。 マカオでは、バジェットホテルにあたる2つ星から4つ星ホテルまで、いず 続きを読む

2015/02/01

マカオ, 中国

中国・珠海で世界最大のサファリパーク着工

中国・広東省を中心に複数のテーマパークやホテルなどのレジャー施設を運営する広州長隆グループは1月29日、珠海市の「珠海横琴長隆国際海洋リゾート」第2期プロジェクトについて、正式に着工したことを明らかにしました。 珠海横琴長隆国際海洋リゾートはマカオと隣接する横琴新区に位置する総合テーマパークで、昨年(2014年)3月までに第1期として大型水族館を含むテーマパーク、サーカス館、ホテルなどの一部施設が開業済みです。これまでの累計訪問者数は800万人に上るという。 今回着工する第2期プロジェクトは、敷地面積300ヘクタール超という世界最大のサファリパーク、屋内テーマパーク、新サーカス館などが含まれます。プロジェクト総工費はおよそ200億人民元(日本円換算:約3800億円)。サファリパークのナイトサファリ部分について先行開業を計画しており、営業時間は午後5時から23時を予定しています。 同社によると、第2期プロジェクトの全面開業後、リゾートの年間入場者数は3000万人に達すると予測してます。 横琴新区はマカオのカジノ付き大型IR(統合型リゾート)施設集積エリアとなるコタイ地区と川を隔てて隣接す 続きを読む