wen-wen.me

PR広告
ついにタイ進出決定!話題のあのお店。

「 カンボジア 」 一覧

2020/06/05

カンボジア

中国のアパレル大手が経済特区で拡大

プノンペン経済特区(PPSP)は、中国の大手ニットウェアメーカーであるMarvel Garment Co Ltdと土地の追加リース契約を締結した。 PPSP はプノンペン経済特区(PPSEZ)、首都の郊外のKambol 地区のKantaok 村の357ha の工業団地を展開するの会社である。  Marvel Garment は中国の主要なアパレル製造業者であるShenzhou International Group Holdings Ltd. の現地法人である。 PPSP の非常勤議長Tan Kak Khunは金曜日のMarvel GarmentのYan Delinゼネラルマネージャーとの取り引きに署名した。 Marvel Garmentがずっとプノンペン経済特区(PPSEZ) でプロジェクトを拡大したと彼は述べ、現在は開発のフェーズIIIで、 43haの面積をカバーしている。   同氏によると、このプロジェクトは仕立て、縫製、梱包、倉庫、プリント、刺繍などのアパレル製造工場の集積地として設計されているという。 この取引は6.4haの土地のリースを含み、雇用と経済を共同で活性化させるた 続きを読む

2019/08/23

カンボジア

ミャンマー産の金の装飾品、日本人からのニーズが増加

ミャンマーの文化的な意味合いの強い金やジュエリーへの日本人からのニーズが増加しており、8月までに3万3000ドル相当の品物が日本に輸出されている。 ヤンゴン地域ゴールド起業家協会のU Myo Myint会長によると、合計46個の装飾品には、金の中に宝石が埋め込まれたものもあったという。   「日本人の民俗信仰に関連する龍と虎がモチーフにされた宝石を受注するのは今回で2回目だ。実際、そのような装飾品に対する高いニーズがあるが、現時点で全ての注文に対応することは難しい」とMyint会長は語った。   U Myo Myintによると、低品質のルビーとヒスイであっても、龍が描かれた画像は、1枚50米ドルから100米ドルでギフトとして再販する日本の顧客に販売されているという。   装飾品の中には、ウサギや犬、猫、鳥、パンダ、猿などが手彫りで描かれたものもある。これらの品目は、研究と輸出がイノベーション省、ミャンマー宝石企業、内国歳入庁、第 2 鉱山公社、ミャンマー宝石と宝石起業家協会、ミャンマーゴールド起業家協会、ヤンゴン地域ゴールド起業家協会によって承認されている。   昨年4月より、投資家が 続きを読む