wen-wen.me

PR広告
ついにタイ進出決定!話題のあのお店。

「 カンボジア 」 一覧

2019/08/23

カンボジア

ミャンマー産の金の装飾品、日本人からのニーズが増加

ミャンマーの文化的な意味合いの強い金やジュエリーへの日本人からのニーズが増加しており、8月までに3万3000ドル相当の品物が日本に輸出されている。 ヤンゴン地域ゴールド起業家協会のU Myo Myint会長によると、合計46個の装飾品には、金の中に宝石が埋め込まれたものもあったという。   「日本人の民俗信仰に関連する龍と虎がモチーフにされた宝石を受注するのは今回で2回目だ。実際、そのような装飾品に対する高いニーズがあるが、現時点で全ての注文に対応することは難しい」とMyint会長は語った。   U Myo Myintによると、低品質のルビーとヒスイであっても、龍が描かれた画像は、1枚50米ドルから100米ドルでギフトとして再販する日本の顧客に販売されているという。   装飾品の中には、ウサギや犬、猫、鳥、パンダ、猿などが手彫りで描かれたものもある。これらの品目は、研究と輸出がイノベーション省、ミャンマー宝石企業、内国歳入庁、第 2 鉱山公社、ミャンマー宝石と宝石起業家協会、ミャンマーゴールド起業家協会、ヤンゴン地域ゴールド起業家協会によって承認されている。   昨年4月より、投資家が 続きを読む

2019/01/07

カンボジア

JICAがカンボジアでの高速道路建設に関する実現可能性調査が完了

約38億ドルの費用をかけ、ベトナムとのつながりにおいて重要な役割を果たすPhnom Penh-Bavet高速道路建設の実現可能性調査が完了した。   この調査は、日本国際協力機構(JICA)が実施したもので、このプロジェクトはベトナム側のMoc Bai国境ゲートからホーチミン市までの高速道路につながる、Svay Rieng州BavetとPhnom Penhを結ぶ160キロメートルに及ぶ道路建設が含まれている。   プノンペン自治港のコンテナターミナルに関する第2段階の公式発表会において、公共事業運輸大臣のSun Chanthol氏は、カンボジア政府がJICAに実現可能性調査の実施を許可し、プロジェクトの費用は約38億ドルとなることを述べた。   Sun Chanthol大臣は、この金額はPhnom PenhとPreah Sihanouk州を結ぶ20億ドルの高速道路のコストよりも高いことに注目した。   「Phnom Penh-Bavet高速道路は、湖で氾濫する傾向がある80kmの区域を横断するため、より多くの費用がかかる。これとは対照的にPhnom PenhからPreah Sihano 続きを読む

2018/11/26

カンボジア

スターツグループがカンボジアに4つ星ホテルを開業 日本人観光客の誘致を積極展開

日本のスターツグループが運営する4つ星ホテルとなるエミオンプノンペンホテルは、観光セクターへの日本の投資を強化するため、先週正式に始まった。 Thong Khon観光大臣は、ホテルは地元の旅行業界に重要な役割を果たしていると語った。   エミオンプノンペンホテルは、ホテル部門に大きな貢献をしている。   「カンボジアに対する日本人投資家の数は増えており、このプロジェクトが日本人の観光客や投資家をカンボジアに引きつけてくれることを願っている。雇用創出だけでなく、職業教育や継続可能な観光にも貢献している」と観光大臣は述べた。   Thong Khon氏は、東アジアの国々から引き続き観光客を引き付けるために、観光省は日本人観光客だけを対象とした戦略を策定したと付け加えた。既存の観光地の開発と管理を強化するためのマスタープランを作成し、新しい観光製品の開発に多くの投資を呼び込むことが含まれる。   大臣は、「非常に思いやりのある環境」で建設されたエミオンプノンペンホテルは、短期および長期の滞在を提供していると語った。   ホテルは空港から車で約60分、ロイヤルパレス、イオンモールⅠ、川岸のラン 続きを読む

2018/10/01

カンボジア

カンボジアで日本人観光客向けの観光商品を開発へ 昨年は20万人訪柬

観光省は、新たな観光商品を創出し、既存の商品を用いて日本の観光客を集め、日出ずる国からカンボジアへより多くの旅行者を誘致すると語った。   観光大臣のThong Khon氏は、日本国内旅行最大手JTBの高橋広行社長、アジア太平洋エクスプレスツアーAPEXの高見和史会長、広島経済大学の石田裕子社長との会談でこの点を語った。   カンボジアへの日本人観光客(またはその逆)に対する誘致方法の検討、学生交流の拡大に焦点を当てた議論が行われた。   「当事者全員は新しい観光地の創造、観光地域の強化、アセアン観光基準を適用した清潔さの向上、カンボジア訪問の観光客に焦点を当て、学生の交流を拡大することを含めた、新しい観光製品を促進することに合意した。」とThong Khon氏は述べた。Preah Vihear、Sambo Prei Khak Temple、Battambangなど他の観光地の開発と促進も含まれていると付け加えた。 Thong Khon氏は、カンボジアは宿泊施設とフードサービス、そして2カ国間の直行便の推進にも力を入れていると語った。 カンボジア国家観光連盟の事務局長であるHo Van 続きを読む

2018/05/16

カンボジア

セブン・イレブンがカンボジアへの出店を検討

5月2日付のBusiness Cambodia(電子版)誌によると、アメリカ発祥の有名なコンビニチェーン店がアジア太平洋地域への展開を計画しており、カンボジアへの出店を検討している。 タイでセブン・イレブンの運営権を持っているCharoen Pokphand(CP)社のSuphachai Chearavanont社長によると、同社はセブン&アイホールディングスとセブン・イレブンの出店を話し合っている。   CP社はSiam Makro Plc社の株を持っており、現在カンボジア、ミャンマー、インドなどで卸売り大規模店「マクロ」を出店している。   Suphachai社長は「毎日24時間営業するセブン・イレブンの展開は当該国の国民の需要に応え、愛用されるだろう」と述べた。 参考文献:DIGIMA

2018/02/23

カンボジア

加速する東南アジアの【電子マネー決済】 イオンがカンボジア、JCBがタイでサービス開始へ

イオンフィナンシャルサービスが今年4月、カンボジアで現地通貨建ての電子マネーの決済サービスを開始する予定であることが分かった。 同社は、サービスの利用者数見込みを2020年までに、30万〜50万人と予想している。 カンボジアでは銀行校口座の維持に費用がかかり、口座を持たない人も多いため、イオンは同国における電子マネー決済サービスの強いニーズに注目している。また、カンボジアに限らず東南アジアでは、多くの市民が銀行口座を持たないケースも多く、同社を始め多くの企業が電子マネー決済サービスに着目している。    クレジットカード会社では、JCBが2019年にスマートフォンのQRコードを使用しての決済サービスをタイ国内で開始する方向で準備が進められており、東南アジアの注目ぶりがうかがえる。 JCB https://www.jcb.co.jp/ 参考文献:DIGIMA

2017/11/25

カンボジア

カンボジア-日本間の直行便が、観光客数を増加

カンボジア政府観光省のThong Khon大臣は、2020年までに日本からの観光客数を30万人にするという同政府の目標に近づいていると発表した。 同大臣は、11月11、12日に首都プノンペンで開催された日本トラベルフェアにて、成田-プノンペン間を結ぶ直行便が昨年9月にスタートして以来、多くの観光客が同国を訪れていると話した。 今年9月までの9か月間で訪れた日本人は7番目に多い149,000人になっている。 また、同大臣はカンボジア北西部のシェムリアップ州で日本からの投資家や観光客を誘致するためのイベントを開催する予定があるとも述べている。

2017/10/18

カンボジア

需要増! カンボジアにリーバイス直営店の6店舗目がオープン

リーバイスとして知られる米国のアパレルメーカーのリーバイ・ストラウス(Levi Strauss & Co)は10月6日、カンボジア6店目の直営店を北西部のシェムリアップにオープンした。   同国唯一のリーバイスの販売代理店DKSHは、2010年にカンボジア初のリーバイスのアウトレットをオープンして以来、プノンペンで4店舗、シェムリアップで2店舗に拡大している。   同国におけるリーバイスブランド需要の高まりから、DKSH社は2018年末までに、さらに10店舗を追加する予定だという。 Levi Strauss & Co http://www.levistrauss.com/

2017/06/21

カンボジア

プノンペンの都内バスに電子チケットを導入

3月30日付のBusiness Cambodia News(電子版)によると、プノンペン都庁が運営している公共バスは今後、電子チケットで決済ができるようになる。   3月29日、プノンペン都庁の代表者はカンボジアの大手モバイルバンキングサービス、ウィング(カンボジア)専門銀行との間で同システムの導入に関する覚書の調印式を行った。電子チケットの導入は利用者に利便性を与えるだけではなく、カンボジア政府にとってもより簡単に収入を管理できる。   現在、プノンペン都庁が運営している公共バスは学生、障害者、60歳以上の年配者に無料サービスを提供している。また、現行の3路線を2020年までに10路線まで広げようとしている。

タイのトリペッチいすゞ、ラオスとカンボジアでいすゞ車販売

タイのいすゞ車販売会社トリペッチいすゞセールスはラオスのビエンチャンとカンボジアのプノンペンに事務所を開設し、それぞれ10日、11日に開所式を行った。 いすゞのタイ工場で製造するピックアップトラック「D―マックス」、スポーツ用多目的車(SUV)「MU―X」を両国で販売する。 いすゞ自動車株式会社 http://www.isuzu.co.jp/index.html