wen-wen.me

PR広告
ついにタイ進出決定!話題のあのお店。

「 マレーシア 」 一覧

2019/04/24

マレーシア

GrabFood-ペナンやマラッカなど5都市にサービス拡大

配車サービスのGrabマレーシアによると、同社が提供するフードデリバリーサービス「GrabFood」がペナン、マラッカ、ジョホールバル、クチン(サラワク州)、コタキナバル(サバ州)の5都市でも4月22日から開始される。 GrabFoodは、マレーシアでは2018年5月に首都クアラルンプールとその近郊でスタート。これまで200万回のデリバリーの注文を受けたという。   配車アプリの「Grab」とフードデリバリーアプリの「GrabFood」はこれまで別々にインストールする必要があったが、4月17日からはシステムが統合され「Grab」アプリからフードデリバリーの注文ができるようになった。   Grabのポイントシステム「GrabReward」の割引を使ったり、Grabアプリのチャットシステムを通じてドライバーと細かいやりとりをすることもできる。 参考文献:DIGIMA

マレーシア―シンガポール間の高速鉄道計画 2020年5月末の延期で合意

シンガポール、マレーシア両国政府は、クアラルンプールとジュロン・ウエストを結ぶ高速鉄道(HSR)について、2020年5月30日までの2年間の実施延期で合意し、マレーシアのモハメド・アズミン経済相とシンガポールのコー・ブンワン運輸相が協定書に署名した。   この結果、運行開始は当初予定の26年末から、31年1月1日に4年間ずれ込む。開始の遅れが2年でなく4年になることについて、シンガポール運輸省は、入札のやり直し、追加の技術作業が生じるためと説明した。   工事延期を申し入れたのはマレーシア側で、マレーシア政府は延期に伴い生じる経費として1,500万Sドル(約12億1,500万円)の賠償金をシンガポールに払う。シンガポール側は既に、2,500万Sドル(約20億2,500万円)を同事業に支出している。   コー運輸相は「延期で多くの人が落胆したと思うが、少なくとも先行きが以前より明確になった」とフェイスブックに投稿した。   マレーシアで5月に実施された総選挙で政権交代が起き、HSR事業が停止していた。   マレーシアの行政首都プトラジャヤで行われた調印式後の記者会見でモハメド・アズミン氏 続きを読む

2018/06/04

マレーシア

6月1日よりマレーシアでは消費税(GST)が0パーセント

6月1日よりマレーシアでは消費税の税率が0パーセントとなる。   2018年6月1日よりマレーシアでは消費税の税率が0パーセントとなる。これは新政権である希望同盟の公約でもあったもの。政権交代後、1ヶ月を待たずに実施されることになった。      一方で政府は9月から以前導入されていた税金「SST」(販売・サービス税)を再導入する計画だとアナウンスした。そのためメルセデス・ベンツやプロデュアなど、6月から9月を「Tax Holiday」と称し、各種キャンペーンを行う事業者も出てきた。     また、マハティール政権は、これまで毎週決められてきたガソリン価格を一定にすることも発表した。RON95はRM2.20に、ディーゼルはRM2.18となる。また、今年のハリラヤの前日2日間は、高速道路の料金が50パーセントオフになることも決定している。 参考文献:DIGIMA

シンガポールとクアラルンプール間の高速鉄道計画は中止に

マレーシアのマハティール首相は、シンガポールとクアラルンプール間を結ぶ高速鉄道計画を中止することを明らかにした。スターが伝えた。   5月28日、マハティール首相はシンガポールとクアラルプール間の高速鉄道を中止にすると発表した。首相は記者団にこれは最終的な結論であり、理由として「(高速鉄道計画は)有益ではなく、多額の費用がかかる」と話した。     「高速鉄道のように、コストがかかる上に1セントも生み出さない不必要なプロジェクトは全て無くさなくてはならない。シンガポールとは(協定を白紙撤回する件について)、話さないとならない」と彼は言った。シンガポールに対して、補償金を支払うことになるだろうとも話した。      クアラルンプール=シンガポール高速鉄道計画は、2010年にナジブ前首相により発表された。シンガポールとクアラルンプールを結ぶ予定だった。高速鉄道計画には日本や中国が入札を予定。日本は新幹線の導入を目指し、アピールをして来た。 参考文献:DIGIMA

2018/05/18

マレーシア

マレーシアの消費税が6月1日から0パーセントに

マレーシア新政府の公約だった消費税が6月1日から0パーセントになることが決まった。マレーメールが伝えた。      マレーシア新政府の公約だった消費税が、6月1日から0パーセントになることが決まった。財務省が発表した。マレーシア全土で消費税(GST)は6パーセントから0パーセントとなる。同時に、登録された業者は税金控除の発行など、現在のすべての規制を守らねばならないとしている。        希望連盟(PH)では、第14回総選挙の公約として、政権の成立から100日以内にGSTを廃止すると約束していた。今回の措置は、連立政府が成立後、一週間で発表された。新政府は消費税の代わりに、一時的にセールス・アンド・サービス税(SST)を採用するとアナウンスしている。     政府に経済と金融について助言するタン・スリ・ゼティ・アクタール・アジズ元銀行知事は、GSTが廃止されても、政府にはまだ十分な収入があると述べた。 参考文献:DIGIMA

2018/03/26

マレーシア

クアラルンプールにフォーシーズンズホテルが5月に開業

「フォーシーズンズ・クアラルンプールホテル」が2018年5月にもオープンする見込みだ。マレーシア観光局が伝えた。 クアラルンプールの中心KLCCの隣に建設中の「フォーシーズンズ・クアラルンプールホテル」は、2018年5月にもオープンする見込みだ。65階建とほぼKLCCと同じ高さのタワーに位置。タワーには242戸のフォーシーズンズ プライベートレジデンス、27戸のサービス付きアパート、209室のフォーシーズンズホテル、そして5階分におよぶ27,900平方メートルに及ぶ店舗が入る。   すでに予約が始まっており、価格はRM893(24,111円・税金サービス別)から。 フォーシーズンズ https://www.fourseasons.com/ 参考文献:DIGIMA

2018/02/16

マレーシア

博多の料亭「とり酒場 華善」 マレーシアの日系飲食店モールにオープン 水炊きを提供

1月17日、クアラルンプールに「とり酒場 華善」がオープンした。場所はクアラルンプールのブギビンタンLOT10の4階「J’s Gate」内。   とり酒場 華善は福岡・博多の割烹料亭。今回の出店は福岡に続く二号店となる。   店では「博多の味をしっかりと再現し、マレーシアで日常的に食べていただけるようにリーズナブルなお値段になっております。また、コラーゲンを固めたコラーゲンボールを鍋に溶かし入れることで豊富な量のコラーゲンを摂取できます」と話す。   博多の水炊きは2月末までRM29.88/人で注文できる。 とり酒場 華善 https://www.hanamidori.net/ 参考文献:DIGIMA

2018/01/11

マレーシア

やよい軒、マレーシアに初進出

「ほっともっと」「やよい軒」を経営するプレナス(福岡市)は、定食レストランの「やよい軒」を1月18日にクアラルンプールのLOT10にオープンすると発表した。     プレナス(福岡市)は5日、定食レストランの「やよい軒」を1月18日にクアラルンプールのLOT10にオープンすると発表した。和定食を中心に、丼やうどん、アラカルト料理を提供するという。場所はLOT10の4階。営業時間は11時から10時。座席数は90席。日本食が集まる「ジェーズ・ゲート・ダイニング」内に出店。   「やよい軒」は2006年にタイに海外進出して以来、積極的に海外展開に取り組んでいる。現在タイでは165店舗を経営しており、台湾で12店舗、シンガポールに8店舗、他オーストラリア、アメリカ、フィリピンに進出している。 やよい軒 http://www.yayoiken.com/

2017/12/04

マレーシア

ジョホール・バルに初の日系「カモメファミリークリニック」がオープン

ジョホール・バルに日系のクリニック「カモメファミリークリニック」がオープンした。ジョホールバルの日系クリニックは、このクリニックが初めてとなるという。   日本人が多く住むモレックパイン3、モレックパイン4のすぐそば徒歩5分の場所にあり、ジョホールバル日本人学校から車で20分ほどの距離に位置する。ショッピングセンターや出張者の滞在ホテルの多いタマン・ペランギからも車で15分程。   医師は中華系マレーシア人だが、日本人通訳が常駐しているので、診察はもちろん薬の処方・説明もすべて日本語で対応できる。また、日本語専用ダイヤルやラインがあり日本語で予約や相談も受け付ける。   内容は一般診療科となり、かぜ・インフルエンザ・デング熱・食あたり・ものもらい・結膜炎・あせも・湿疹など、内科・小児科のほか、眼科・皮膚科など専門科の初期治療にも対応した総合診療クリニックとなり、健康診断の受診も可能。   海外旅行保険・プレステージヘルスケアカード対応可能で、キャッシュレスサービスも行っている。診察時間は午前9時ー13時及び14時ー18時。休診日は日曜日とジョホール州の祝日となる。 カモメファミリークリ 続きを読む

2017/10/16

マレーシア

【期間限定】LOFTがクアラルンプールでショップを開催

10月13日(金)~11月5日(木)まで、そごうマレーシアではLOFTの期間限定ショップ「HELLO Malaysia!」が開催中。ロフトは生活雑貨を扱う日本のチェーンストアで「普通を超えた買い物が楽しめる」と謳う。   開催場所は、3階のファッション・エリアの一角。店舗面積は美容関連商品や日用雑貨などが日本とほぼ同額で販売される。   開催初日に店員に聞いたところ、文房具と美容関連器具に注目する来店者が多いと話していた。 株式会社ロフト http://www.loft.co.jp/