wen-wen.me

PR広告
ついにタイ進出決定!話題のあのお店。

「 香港 」 一覧

2019/05/24

香港

今年の輸出総額伸び率は5%と予測

香港貿易発展局(HKTDC)は今年の輸出総額伸び率を5%と予測していることが分かった。5月15日の『文匯報』(電子版)によると、HKTDCの梁国浩・総裁補佐は同日、重慶市で開催された「都市建設 重慶・香港フォーラム」に出席し、「米中双方は最近たびたび貿易交渉を行っており、われわれは経済発展の先行きについて慎重ながらも楽観している」と指摘。香港の今年の輸出総額伸び率は5%、輸出量伸び率は3%との予測を示した。   梁氏はさらに「一帯一路と粤港澳大湾区がまさに香港企業を支援している。特に中小企業が新市場や他の生産基地を開拓するのをサポートできる」と語った。HKTDCはメディアを通じて対応措置や市場情報をアピールしているほか、生産拠点の設置を検討するために香港   企業の視察団を組織するなどの支援を行っているという。今後さらに香港企業が欧州や日本などの成熟市場、フィリピンやインドネシアなどの一帯一路市場や大湾区市場を開拓するのをサポートする方針だ。 参考文献:DIGIMA

2019/05/15

香港

日本のラーメンチェーン「一風堂」 香港の「男人街」近くに出店

株式会社「力の源ホールディングス」傘下のCHIKARANOMOTO GLOBAL HOLDINGS PTE. LTD. は、現地のライセンスパートナーであるRAMEN CONCEPTS LIMITEDと共に、香港の九龍エリアにあるEaton Hotel Hong Kong(イートンホテル香港)内に5月3日、「一風堂」Eaton Hotel店をグランドオープンした。    同店は九龍エリア内最大の繁華街である「ネイザンロード」沿いにあるホテルイートンホテル香港のロビーがあるGフロアに出店。「Eaton Hotel」はMTR佐敦駅から 徒歩約5分という立地で、さらに夜市で知られる市場「男人街」や「女人街」といった九龍エリアの人気スポットも徒歩圏内。    ラーメンのほかに「一風堂ポークバンズ」や「黒豆入り抹茶ぷりんどら」などの一品料理を豊富にそろえている。 参考文献:DIGIMA

2019/05/07

香港

柴湾にメルセデス・ベンツがブランドセンター 超富裕層数世界一の香港市場で

ドイツの高級自動車メーカーのメルセデス・ベンツと香港の代理店である仁孚(Zung Fu)は4月11日、香港島東部の柴湾(Chai Wan)にブランドセンター(60 Ka Yip Street, Chai Wan, Hong Kong)をオープンした。 メルセデス・ベンツといえばアメリカの消費者情報誌「コンシューマー・リポート」の「2019自動車ブランド別信頼性ランキング」で、ライバルで1位に輝いたレクサスよりも低い順位(17位)となったが、それでも、それまでに培ってきたブランド力、走行性能、安全性など多くの面で世界の自動車メーカーが目指す「基準」になっている。 調査会社「ウェルスX」は2018年9月に3,000万米ドル(約33億円)以上の資産を保有する「超裕福層」の数について、香港は1万人で世界一の人数を誇ると発表した。2位はニューヨークの8900人、3位は東京の6800人だった。世界の自動車メーカーが香港で車のCMを流す場合、大体、香港外で作ったCMを輸入して流すケースが多いが、アウディは2014年に香港専用のCMを制作したケースがあるなど、メルセデスやBMWを含め裕福層が多い香港市 続きを読む

2019/02/27

日本, 香港

角川やJALなど4社がアニメツーリズムを推進 香港からの訪日客が対象 

香港からの訪日観光客に向けたアニメツーリズム推進を目的として、(株)KADOKAWA、日本航空(株)、香港角川有限公司、JALサテライトトラベル(株)の4社は、共同の商品販売を行うことで合意した。また、香港角川とJALサテライトトラベルは、日本の自治体による香港での訪日プロモーションに際し、一気通貫で行う協業スキーム実施にも合意した。 参考文献:DIGIMA

2019/01/02

香港

香港競馬の19年元旦レース馬券売上高240億円…10年連続で最高記録更新

香港の沙田(シャーティン)競馬場で1月1日、毎年恒例のニューイヤーレース(11レース)が開催され、馬券売上高は前年同日から3.9%増、元旦レースの開催が始まって以来の21年で最高となる17.15億香港ドル(日本円換算:約240億円)を記録した。 馬券売上高の最高記録更新は2010年から10年連続となる。なお、入場人数については1%減の延べ8.4万人にとどまり、前年記録した最多記録の更新はならなかった。 香港競馬は香港の競馬競技団体にあたる香港賽馬会(ホンコン・ジョッキークラブ)が運営。例年、9月から翌年7月にかけて開催され、シーズン中、原則として毎週水曜日と週末にレースを開催している。水曜日は香港島の市街地にあるハッピーバレー競馬場でのナイトレース、週末にはハッピーバレー競馬場または郊外の沙田競馬場でのデーレースとなる。 香港賽馬会の資料によると、香港競馬の前シーズン(17〜18年)通期の馬券売上高は前々シーズン(16〜17年)から6.0%増となる1228億香港ドル(約1兆7184億円)だった。香港賽馬会は1884年の設立。競馬のほか、サッカーくじや「六合彩」と呼ばれるロトなども販売し 続きを読む

2018/10/22

マカオ, 中国, 香港

香港・珠海市・マカオを結ぶ「港珠澳大橋」、10月23日に珠海で開通式

香港、珠海市、マカオを結ぶ「港珠澳大橋」の開通式が10月23日に行われることが明らかになった。 17~18日付香港各紙によると、中央人民政府駐香港特区連絡弁公室(中連弁)は17日、香港メディアに対し港珠澳大橋開通式の取材案内を通知した。開通式は23日に珠海市で行われるが、国家指導者が主宰するかどうかや正式な開通日には触れていない。    習近平・国家主席が広東省視察として20日に広州市の中山大学を訪れる消息筋情報があるため、開通式を主宰する可能性が高いという。また視察には香港・マカオ事務を主管する韓正・副首相が随行するともみられている。    特区政府運輸署は17日、越境バスの運行業者に「政府は短期的に港珠澳大橋の開通日時を発表する」と通達しており、業界では開通式の直後に正式開通するとみられているほか、28日に開通するとの消息筋情報もある。   参考文献:DIGIMA

2018/10/10

中国, 香港

「広州-香港間高速鉄道(広深港高速鉄道)」の旅客、初めて1日に8万人突破

広州―香港間高速鉄道(広深港高速鉄道)の開通から2週間たったが、国慶節連休では高速鉄道を使った本土からの来港者が多く、10月5日だけで8万人を突破したことが分かった。 10月7日付香港各紙が伝えた入境処発表の最新統計によると、10月5日に西九龍出入境管理所を経由した出入境者は計8万20人で単日の記録としては初めて8万人の大台を超えた。うち入境者は3万7903人、出境者は4万2117人だった。 しかし1日平均8万100人という政府予測は下回った。また、8万人の出入境者のうち、86%にあたる6万7334人が中国本土の旅客で、香港市民は14%だけだった。 参考文献:DIGIMA

2018/10/03

香港

HSBC(香港上海銀行)などがプライムレート(最優遇金利)引き上げ

米国が9月27日に利上げしたのを受け、香港の銀行も12年ぶりに最優遇金利(プライムレート)を引き上げた。28日付香港各紙によると、香港上海銀行(HSBC)は27日、他行に先駆けてプライムレートと香港ドル預金金利を0.125%引き上げると発表。 続いてスタンダード・チャータード銀行、恒生銀行、中国銀行(香港)、その他中小銀行の計14行が利上げを行った。    これによりプライムレートはHSBC、恒生銀行、中銀香港が5.125%、チャータード銀行、東亜銀行などが5.375%となった。     陳茂波・財政長官は27日、「超低金利環境は過去のものとなり、香港の利上げ後、住宅ローン負担も上昇する。今年から新築住宅の完成数は5年前に比べ50~60%増加し、貿易摩擦も市場マインドに影響するため、リスク管理に気を付けるべき」とコメント。    HSBCアジア太平洋区顧問の梁兆基氏も「米国が12月に利上げし、香港も年内に再び利上げする可能性が高い。2004年のように利上げ後に短期的に利下げすることはない」との見方を示した。 参考文献:DIGIMA

2018/09/19

香港

香港の市街地タクシーの運賃を値上げ 初乗りは25%値上げの30香港ドル

タクシー関連の約20団体は9月13日、特区政府運輸署と協議し、市街地タクシー(赤いボディー)の運賃値上げ申請を提出した。 14日付香港各紙によると、前回タクシー運賃が値上げされたのは2017年4月。   今回同団体が提示した値上げ案は初乗りが現在の24ドルから25%(6ドル)引き上げて30ドルへ。その後ワンメーターごとの料金を現行の1.7ドルから1.9ドルに引き上げ、9キロメートル以降はワンメーター現行1.2ドルから1.4ドルに引き上げる。   乗車1回の走行距離の中位数が7.5キロであることから計算すると平均16%の値上げとなる。業界団体は、保険料の上昇や新車価格の高騰など近年タクシーの運営コストは大幅に増加していると指摘する。   政府運輸署の政策ではタクシー運賃をバスなどの公共交通機関の運賃の5~7倍とされているのに、現在は2.9倍にとどまっていて、タクシー運転手の収入が低いため成り手がいないと話し、早急な承認を求めている。   一方、新界タクシー(緑のボディー)の団体もインフレを考えると、値上げの必要があるとして、運賃の上げ幅について検討する。   現行の初乗り20.5ドルは有 続きを読む

2018/09/12

香港

香港で日本食材を使用した中華料理の試食会が開催 日本の海鮮・肉類を調理

中国飲食文化大師・尹達剛氏に対する平成30年度外務大臣表彰伝達式が行われた広東料理レストラン「富嘉閣」では、式後に帝有限公司による「日本食材を使用した中華料理の試食会」が開催され、香港飲食業界で活躍するトップシェフや業界関係者ら約200人が招かれた。   15年間に及び香港で日本食材の輸入卸販売事業を営む帝有限公司は「香港初」「新発見」をキーワードに特殊海上コンテナで輸入する低コストの日本産活貝、チルド空輸の佐賀県産鶏肉「華味鳥」や「沖縄飛天紅猪-Okinawa Porcp Rosso-」など、日本各地の海鮮・肉類を中華料理に仕立てた。   また、「金泡」と称される「泡」までおいしいドラフトビールを注ぐ技術を有するドラフトマスターの大野浩氏を日本から招き、日本から生樽で輸入されているサントリー「ザ・プレミアム・モルツ」が会場で振る舞われた。 参考文献:DIGIMA