wen-wen.me

PR広告
ついにタイ進出決定!話題のあのお店。

2015/02/26

シンガポール

割引クーポンの共同購入サイト「Japapon」始動

シンガポールを拠点に企業の進出支援を手掛けるロビン・シンガポール・パートナーズが3月1日、日本に関する商材やサービスを集めた割引クーポンの共同購入サイト「Japapon(ジャパポン)」をオープンします。 英語と日本語に対応する同サイト。1月末にプレオープンし、現時点で約100商品のクーポンをそろえており、向こう3年で1000商品の品ぞろえを目指すという。 割引率は20%台-96%で、現在の平均割引率は30%。フェイスブックを使って消費者に告知活動を行い、利用者の7割がシンガポール人となっている。 特に人気を集めるクーポンは、ラーメン、まつ毛エクステンション、スパなど。中でも一番多く売れているのがラーメンで、すでに計100枚以上販売したクーポンもあるという。 大野雄一郎社長は日本の食やモノ、サービスがシンガポールで非常に人気であることに着目し、新事業の立ち上げを決心。毎年シンガポールで行われるアニメの祭典には10万人、日本食に特化したイベントには1万人が集まることや、日系百貨店が繁華街オーチャードのど真ん中にある事象なども、日本をテーマにした事業を始める動機になったという。 「シンガポー 続きを読む

三井住友銀行、ラオスでサービス拡大

三井住友銀行は24日、同行が12・25%出資するカンボジアの最大手行アクレダ・バンクとの業務協働範囲を、カンボジアだけでなく、隣国のラオスに拡大すると発表しました。 ラオスの銀行との取引を希望する顧客にアクレダ・バンクのラオス法人アクレダ・バンク・ラオを紹介する。 アクレダ・バンクは1993年設立で、カンボジア253カ所、ラオス41カ所、ミャンマー6カ所に拠点がある。 総資産は30・8億ドル(2014年末)。 ACLEDA Bank http://www.acledabank.com.kh/kh/eng/ 三井住友銀行 http://www.smbc.co.jp/

2015/02/24

韓国

韓国ウリ銀行、YGエンタと金融商品発売

韓国の「ウリ銀行」「ウリカード」は2月23日、BIGBANG、WINNERらが所属する「YGエンターテインメント」と提携した金融商品を発売した。 今回発売されたのは、「WOORI YGチェックカード」と「WOORI YG積金」の2種。「WOORI YGチェックカード」は、YG関連の公演チケット、YG eshopの割引サービスをはじめ、20~40代のライフスタイルに合わせたオンライン書店の割引、TOEIC受験料の割引など多様なオーダーメード型サービスを盛り込む。さらに、全ての映画館3,000ウォン引き、コーヒー20%引き、ファミリーレストランの10%引き、遊園地フリーパス50%引きサービスが追加で提供される。  「WOORI YGチェックカード」発行後に10万ウォン以上の利用者を対象に、抽選でYG社屋ツアー、リミテッド・エディションカードなど多様なイベントを実施予定。YG社屋ツアーでは、所属アーティストの練習室と作業室の見学、同社社員食堂の利用、記念写真の撮影などのプログラムが準備され、ファンには見逃せない内容となっている。  同銀行の関係者は「文化・公演コンテンツ産業の発展のためにYG 続きを読む

2015/02/23

シンガポール

パナホーム、シンガポールにASEAN統括会社設立

パナホームは東南アジア諸国連合(ASEAN)の事業統括会社を4月1日、シンガポールに設立する。 新会社は「パナホームアジアパシフィック」。資本金1億円で、パナホームが全額出資する。 2018年度の売上高5000億円、海外売り上げ500億円という目標達成に向け、海外の住宅事業を現在の2拠点(台湾、マレーシア)から、ASEAN地域に拡大する。統括会社は情報収集や営業活動を行うとともに、地元の不動産ディベロッパーとSPC(特別目的会社)を設置し、案件ごとに建設体制を組織するなど、地域主導型の受注・建設体制の構築を目指す。 現在商談中のインドネシアやベトナム、カンボジアでのスマートタウン開発案件を手始めに、事業展開を加速し、新統括会社で2018年度売上高100億円を目指す。 パナホーム http://www.panahome.jp/

2015/02/22

中国

中国・珠海に世界初「ペンギン」ホテル開業、客室数2000室

中国・広東省を中心に複数のテーマパークやホテルなどのレジャー施設を運営する広州長隆グループは2月19日、珠海市の「珠海横琴長隆国際海洋リゾート」内に3つ目となる新ホテル「横琴長隆企鵝酒店(ペンギンホテル)」の開業式典を行いました。 世界で初めてとなるペンギンと南極をテーマにしたという同ホテルは、総建築面積18万平米、客室数約2000室で、リゾート内で最大規模でリゾート内3ホテルの客室数合計は5000室に達する。ペンギンホテル内には6つのレストランとバーが入り、このうちペンギンシアターを備えたビュッフェは1600人収容と中国最大になります。 珠海横琴長隆国際海洋リゾートはマカオと隣接する横琴新区に位置する総合テーマパークで、第1期として大型水族館を含むテーマパーク、サーカス館、ホテルなどの一部施設が開業済み。 これまでの累計訪問者数は800万人に上るという。 また、今年1月下旬には敷地面積300ヘクタール超という世界最大のサファリパーク、屋内テーマパーク、新サーカス館などを含む第2期プロジェクトの建設工事が始まった。プロジェクト総工費はおよそ200億人民元(日本円換算:約3800億円)。 続きを読む

2015/02/21

中国

昭文社が中国企業と提携、訪日旅行者向け情報を配信

昭文社は18日、中国企業が運営する情報サイト・スマートフォン用アプリケーションを通じて、訪日中国人旅行者向け情報の配信事業を開始すると発表した。 既に訪日外国人向け事業として自社ブランド「DiGJAPAN!」を展開している。 訪日外国人向けのBtoB事業として、今回はコンテンツのネット配信に乗り出す。   中国の生活・旅行情報サイト「大衆点評(dianping.com)」「在路上(117go.com)」と情報連携し、 昭文社が 保有する観光コンテンツとモデルコースを掲載する計画です。 第一弾として、「在路上(117go.com)」には、特に個人旅行で人気の訪問エリア3カ所「東京」「大阪」「京都」の観光コンテンツとおすすめモデルコースを提供。「大衆点評(dianping.com)」には「東京」の観光コンテンツをそれぞれの日本専用ページに提供する。観光コンテンツだけでなく、写真付のおすすめモデルコースを掲載。中国人旅行客にとって、よりスムーズで快適な訪日観光を実現することができるという。 今後の展開にも言及。「東京」「大阪」「京都」に加え、日本各地の人気観光スポットをモデルコースとして拡大 続きを読む

2015/02/20

シンガポール

鹿島、シンガポールの国立伝染病センター受注

鹿島は19日、シンガポールの国立伝染病センター新築工事を同国保健省から約550億円で受注したと発表しました。 市街中心地北側ノベナ地区にある国立総合病院タントクセン病院に隣接・接続する形で建設し、シンガポール政府の掲げる「ノベナ・ヘルスシティ構想」(ノベナ地区一帯の医療都市開発)の中核施設となる。伝染病センター棟(地上14階)、医療イノベーションセンター棟(地上9階)が4層の地下構造物上に設けられ、タントクセン病院と2本のリンクブリッジと2本のトンネルでつながる。 入札には韓国企業や地元建設会社が参加した。 鹿島はこれまでの安全・品質・施工などの実績による高い評価点に加え、杭工法、地上・地下構造の見直しによる低価格と工期短縮を両立した提案が評価され、受注した。 鹿島建設株式会社 http://www.kajima.co.jp/

2015/02/19

タイ

バンコクの最新SCに「BEAMS」東南アジア1号店

ビームス(本社=東京都新宿区)は3月27日、東南アジア初となる「BEAMS BANGKOK(ビームス バンコク)」を同日開業する複合商業施設「EmQuartier(エムクオーティエ)」1階にオープンします。 バンコクへの出店は香港・北京・上海・台北に続く海外5つ目の都市で13店目。 昨年実施した「Siam Paragon(サイアム・パラゴン)」での100日間のテストマーケティングを経て、今回の出店に至ったという。 フランチャイズとしてタイ小売り大手のザ・モール・グループが運営する。 バンコク中心部スクムビット通り沿いの最新の商業施設内に出店する同店。 ビームスを代表する6レーベルのオリジナル商品を中心に、メンズ・ウイメンズのカジュアルウエアと雑貨を並べる予定で「地域の経済発展がもたらす新しいライフスタイルに、ビームスが思うファッションの楽しさや豊かな生活を提案する」としている。 BEAMS http://www.beams.co.jp/

2015/02/18

シンガポール

近鉄エクスプレス、1400億円でシンガポールの物流会社買収

近鉄エクスプレスは17日、シンガポールの物流会社APLロジスティクスの全株式をシンガポールの海運会社ネプチューン・オリエント・ラインズから取得すると発表した。 アドバイザリー費用を含めた買収費用は約1442億円。 APLは自動車、小売りなどの企業が主な顧客で、北米、アジアを中心に事業を展開。2013年12月期売上高15億7800万ドル。取扱品目、展開する地域の両面から、近鉄エクスプレスの国際輸送サービスを補完できると判断した。 近鉄エクスプレス http://www.kwe.co.jp/ APL http://www.apl.com/wps/portal/apl

2015/02/17

シンガポール

チャンギ空港に「韓流」免税店

韓国の名門ホテル、ホテル新羅は2月10日、チャンギ空港に化粧品・香水免税店の売り場「新羅免税店」を正式開業しました。 ブランド数で「アジア最大規模」の品ぞろえにし、韓国製ブランドも充実させた。街場の小売価格の4割引以上という価格競争力も売りにしている。 35の韓国化粧品ブランドを伴い出店。 グローバルブランドを中心に計182銘柄をそろえたうち、80の銘柄がチャンギ空港内で初めて取り扱われ、26銘柄がシンガポールに初上陸した。 化粧品・香水の取り扱い商品数は1万7000点以上。店舗はターミナル1、ターミナル2、ターミナル3に横断的に出店しており、計19店に上る。チャンギ空港で同社は昨年から、高級ファッションブランドのボッテガ・ヴェネタとプラダの売り場と時計のセレクトショップも営んでおり、これらも含めた総店舗面積は6030平方メートル。 6月にはターミナル3の中2階に、ディオールのメーキャップストアやSK‐IIのピテラスパなど、美容をテーマにした複合カフェを開く予定。2017年のターミナル4の開業に伴い、化粧品・香水売り場の規模は拡大するという。  新羅免税店は、サムスングループ傘下で韓国 続きを読む

  注目記事