wen-wen.me

PR広告
ついにタイ進出決定!話題のあのお店。

2024/02/05

香港

キャセイ、法人SAFで3社と提携

キャセイパシフィック航空はこのたび、2022年から取り組んでいる「法人企業むけ持続可能な航空燃料(SAF)プログラム」に提携企業として新たにキャセイカーゴの顧客である貨物輸送事業者のディメルコ・エクスプレス・グループ、郵船ロジスティクス、そしてNGOでは初めて香港商界環保協会の3社との提携を結んだ。キャセイは2050年までに炭素排出量をゼロにするという目標を掲げ、提携企業との協力を強化し航空業界のサステナビリティを牽引する取り組みの一環として、22年にアジアで初めて「法人企業むけ持続可能な航空燃料(SAF)プログラム」を導入した。同社は参画企業より資金援助を受けSAFの導入を推進することで、航空機運用時における二酸化炭素排出量の削減を目指している。参画企業は、アジアにおけるSAFの利用促進に貢献し、持続可能な航空業界の実現へのコミットメントをステークホルダーに向けて発信する。 22年のプログラム開始時の参画企業は、AIA、香港空港管理局(AAHK)、近鉄エクスプレス(KWE)、PwC中国、スタンダード・チャータード、スワイヤー・パシフィックの合計6団体。キャセイは世界で初めて2030年 続きを読む

2024/02/02

中国

旧正月に羅湖が午前2時まで開放

深セン湾と羅湖の出入境管理所は旧正月連休中の開放時間を延長し、旧暦大みそかから旧正月4日目まで(2月9~13日)、深セン湾は24時間開放、羅湖は旧暦大みそかと旧正月2日目は午前2時まで開放時間が延長される。また旧暦大みそかから旧正月4日目まで、落馬洲/皇崗の使用許可証のない自家用車は、旧正月連休の早朝にのみ深圳湾を利用してボーダーを越えることができる。 1月23日の香港メディアによると、昨年大みそかに大量の自家用車がボーダーを通過したため落馬洲の渋滞を招いた。卓永興・政務長官代行は、中国本土当局との協議の結果、深セン湾は旧暦大みそか(2月9日)から旧正月4日目(2月13日)までの期間中は終夜開放することが決まったと説明。この期間中、使用許可証のない自家用車は落馬洲/皇崗を通行できず、早朝にのみ深セン湾を利用できる。落馬洲/皇崗での越境自家用車のボトルネックを避けるため、運輸署は越境バス「イエローバス」専用の専用車線を設置し、ミニバスやバス、タクシーなどの公共交通機関専用とする。 卓氏は、羅湖の開放時間が延長される2日間は、金鐘から羅湖までのMTR東部線の終電が午前1時に発車し、ボーダー 続きを読む

2024/01/31

香港

ゴミ収集有料化の実施は8月に延期

ゴミ収集有料化は当初、今年4月1日から正式に施行される予定だったが、市民の間で詳細については依然として疑問が多く、政府は市民の声を受けて二度目の延期を決定し、施行内容について市民に説明する予定だ。1月20日付香港各紙によると、環境及生態局の謝展寰・局長は19日、李家超・行政長官に対し、施行日を8月1日に延期し、さまざまな政府部門で先行試行を実施するよう提案したと発表した。抽象的な説明だけに頼るのではなく、実際のゴミ収集費徴収の運用を市民に見てもらう。指定ゴミ袋については、予定通り1月26日より各販売所にて発売する。李長官は部門間の調整業務を担当するよう卓永興・副政務長官を任命した。 謝局長は、政府は昨年10月にゴミ収集有料化の広報を開始し、そのスピードと深さが徐々に増し、市民の注目も高まったと語った。 政府は先週、多くの市民がこの措置を理解していないこと、スピーチや言葉だけでの説明は抽象的すぎ、「百聞は一見に如かず」であると考えていることを確認。現場でのデモンストレーションを実施すると同時に、実施のさまざまな側面を一般の人々に理解してもらうために、プロセスのビデオを作成する。同局は22 続きを読む

2024/01/29

香港

キャピタルゲイン課税は当面不可能

財政予算案が2月に発表されるが、先に陳茂波・財政長官が諮問会に出席した際、キャピタルゲイン課税は政府の研究範囲内であると言及し、社会的懸念を招いている。1月18日付香港各紙によると、キャピタルゲイン税を課せば不動産市場は影響を受けるとみられ、パニック売りも起きている。スイスのダボスで開催されている世界経済フォーラムに出席中の陳長官は17日、『星島日報』との電話インタビューで、キャピタルゲイン税の課税条件は短期的には満たされない可能性があると述べ、香港の競争力と経済回復の強さ、資産市場への影響、その他の要因を検討する必要性を強調した。 陳長官は1月初め、RTHKの番組「衆言堂」に出演し、聴衆からキャピタルゲイン税が課税されるのかとの質問に対し、社会での十分な議論がなければ政府は安易に新税を導入することはないと答えた。またキャピタルゲイン税は検討分野の一つと指摘した。陳長官は『星島日報』とのインタビューで、「諮問会では多くの人々が異なる意見を持っていた。責任ある政府として耳を傾けなければならないが、それが実行されるという意味ではない」と述べ、キャピタルゲイン課税の条件については「調整が必要 続きを読む

2024/01/26

マカオ

累積損失25億、マカオ競馬が終了

44年の歴史を誇るマカオ競馬は4月に幕を閉じることとなった。1月16日付香港各紙によると、マカオ特区政府は15日、マカオジョッキークラブと当初締結していた2042年までの運営契約を18年早い今年4月1日に終了し、同時に地方競馬活動も終了すると発表した。競走馬は来年3月1日までに域外に移送され、約600人の従業員の解雇補償が手配され、ジョッキークラブの土地は特区政府に無償で返還される予定だ。マジョッキークラブは総額25億パタカを超える継続的な営業損失に加え、3年にわたる新型コロナ流行の影響で営業を継続することが困難であり、難しい決断を迫られたと述べた。 近年存続の危機と言われてきたマカオ競馬がついに4月に終了する。 特区政府は15日、行政長官が李偉農・経済財政長官に対し、政府を代表してマカオジョッキークラブとの解約に署名する権限を与えたと発表した。この契約は持続可能な開発を確実にするために昨年末までに15億パタカの追加資本注入が必要であるという条件で、2018年に2042年8月31日まで延長された。 しかし新たな投資は発表されていないため、昨年末に事業を終了するのではないかとの噂も流れた 続きを読む

2024/01/24

香港

深センでコストコがグランドオープン

深セン市竜華区で1月12日、中国南部初のコストコが正式にオープンし、午前8時半の開店前から長蛇の列ができ、小紅書のKOL一部は早くも午前4時半から列を作っていた。同日の香港メディアによると、ほとんどの人が店内に入るまでに2~3時間以上並ぶ必要があり、香港在住者の中には楽しみにしていたグッズを購入する人もいた。スーパーマーケットの棚と棚の間にはまだ余裕があり、人通りも少なく、棚の前で商品を選びやすい様子だった。顧客の買い物カゴに入っていた主な商品はイチゴなどの果物、肉、スナック菓子で、超巨大なイチゴクマのマスコット人形を買う人も多かった。午後1時ごろにはイチゴの大パックやクマの人形は完売した。 香港出身の張さんは、コストコがオープンしたときの「興奮を味わうために、ここに来た」と言い、早めに来て列に並んだため、待ち時間はそれほど長くなかったが、予想よりも人が多かったと語った。主な買い物リストについて尋ねると、「以前はサムズで安くてお手頃だと思ったものを買おうと思っていたのに、何箱も買えなかったため、今回はほんの数点に限定する」と答えた。東莞出身のチェンさんは深センまで車で1時間半かかり、入 続きを読む

2024/01/22

香港

旧正月のパレードが5年ぶりに復活

香港政府観光局は5年ぶりに新年山車パレードを企画し、旧正月初日(2月10日)の夜に尖沙咀で「ニューイヤー・インターナショナル・パレード・ナイト」を開催する。1月12日付香港各紙によると、このイベントは「ドラゴンが香港で新年を祝う」というテーマで開催。香港観光局によると、その夜のイベントには合計9台のフロートと、地元13チーム、国際パフォーマンスチーム16チームが参加し、フロートのほとんどが龍をテーマにしたもので、国際パフォーマンスチームの数は過去最高となった。イベントの費用は約3800万ドルと推定され、2019年に比べて約40%増。イベントには過去と同様に15万人の来場者が見込まれ、うち30%が観光客となる。 パレードでは香港文化センター、広東道、ネイザンロードに客席を設け、チケットは1月27日午前8時から香港政府観光局九龍観光案内所で販売開始、価格は300ドル、450ドル、480ドルに分かれ、合計約2500枚。パレードはその夜、香港文化センター広場から始まり、広東道、ハイフォンロード、ネイザンロードを通ってシェラトン香港ホテル前で終了する。午後6時ごろのショー開始前に13のパフォーマ 続きを読む

2024/01/19

香港

キャセイ、旧正月の通常運航を保証

キャセイパシフィック航空は最近、警告なしに多くの便をキャンセルし、クリスマスから元日までの旅行の繁忙期に多くの顧客を失うことになった。1月8日付香港各紙によると、パイロット組合はキャセイパシフィック航空の人員確保戦略の誤りとパイロットの訓練不足を批判しており、今後の観光客の繁忙期には欠航が再発する可能性があると指摘。キャセイは7日、今年の旧正月の航空サービスは通常通り運航することを保証する声明を発表したが、その「代償」として、今後2カ月間は1日平均6往復のフライトを統合する必要があり、需要に応えるための前倒しのフライトキャンセルとなる。 12月のクリスマスの繁忙期に、キャセイは1日に少なくとも20便を欠航し、多数の乗客に影響を与えた。 同社は昨年末にパイロットが病気で欠席したことによる乗務員不足が原因と説明している。 特区政府運輸及物流局はすでにキャセイのフライト手配に関して強い懸念を表明しており、現在、同社に対し、フライトスケジュール策定で起こり得る緊急事態に対処するためのリソースの柔軟な割り当てを要求していると指摘した。同局は、航空会社が従業員と良好なコミュニケーションを維持し、人 続きを読む

2024/01/17

香港

旧正月お年玉、25日から新札交換

今年は2月10日に春節(旧正月)元日を迎える。年始には「利是(お年玉)」を配るしきたりがあり、旧正月が近づくと新札の需要が増加するため香港の発券銀行(HSBC、スタンダード・チャータード銀行、中国銀行)では新札への交換業務を開始するが、今年の交換期間は1月25日から2月9日までとなる。1月5日付政府公報によると、銀行は最初の3日間にあたる1月25~27日は営業時間を繰り上げる。そして8~9時は新札および旧札だが新品同様にきれいなお札の交換業務のみ行う。また、1月18日からオンライン予約を開始するほか、混雑時には並んでいる市民に整理券を配り人流を分散するという。金融管理局では、電子マネーには感染予防のほか、エコロジカル、早くて便利という利点があるとして、お年玉の受け渡しにはできるだけ電子マネーを使うことを推奨するとともに、銀行に行く前に自宅に新札やきれいなお札が余ってないか確認してほしいと呼び掛けている。銀行の話では、現在の新札ときれいなお札の在庫量は潤沢で、交換開始早々に急いで行く必要はないという。 参考文献:香港ポスト

2024/01/15

香港

深セン住民のマルチビザ再開を提唱

全国人民代表大会(全人代)常務委員会の第7回会議が北京で閉幕し、香港を代表する全人代常務委員の李恵瓊氏と数人の香港代表が中央への提案を提出した。12月31日付香港各紙によると、提案内容は深セン市住民が香港を訪問する際のマルチビザ制度を再開し、粤港澳大湾区の中国本土側9都市でマルチビザの秩序ある拡大を検討するというもの。また海南自由貿易区を参考にして香港を訪れる本土からの観光客に対する免税額を5000ドルから30000ドルに緩和する。李氏は、これらの政策を推進することで本土の観光客の消費意欲を高めるだけでなく、香港の経済的繁栄の促進にも積極的な役割を果たすことができるとの見方を示した。 5000ドルの免税措置は10年以上実施されているが、この調整が香港の観光業に及ぼす影響について尋ねると、李氏は「この提案は今日提案されたものではない。すでに多くの業界がこの割当額が保守的すぎると報告している」と説明。新型コロナ流行前には社会・環境問題により対応できなかったが、今では誰もが市場がより繁栄することを望んでおり、免税点の調整は間違いなく香港を訪れる観光客の消費意欲の向上にプラスの効果をもたらすと 続きを読む

  注目記事