wen-wen.me

PR広告
ついにタイ進出決定!話題のあのお店。

「 香港 」 一覧

2019/08/28

香港

米中貿易摩擦、香港のGDPに0.5%影響

香港の特区政府商務及経済発展局の邱騰華・局長は8月27日、主要経済団体と中小企業協会の代表らと会談し、米中貿易摩擦に関して討議した。 同日の香港メディアによると、邱局長は会談後に記者会見し、米国が今後、中国製品に対する関税を30%まで引き上げ、米中間のほぼすべての輸出入品が関税引き上げ対象に入れば香港の域内総生産(GDP)は0.1~0.2%、最大で0.5%の影響を受けると指摘した。   米国のトランプ大統領は24日、中国が750億米ドル分の米国製品の輸入に対して関税を引き上げたのに対抗し、10月1日から2500億米ドル分の中国製品の輸入関税を25%から30%に引き上げると発表した。 参考文献:DIGIMA

2019/07/31

香港

資生堂、WTAファイナルズに協賛

資生堂は、中国地域本社の資生堂(中国)投資有限公司を通じて、2019年10月27日(日)~11月3日(日)に中国・深センで開催される「WTAファイナルズ(主催:女子テニス協会、Women’s Tennis Association/以下 WTA)」にタイトルポンサーとして協賛する。 WTAファイナルズは毎年10月末から11月上旬に行われる女子プロテニスの世界ツアーの最も重要な試合で、年間ランキング上位の8名のシングルスと8組のダブルス選手が参加し、WTAの最高額の賞金を争う。   資生堂は今年から「BEAUTY INNOVATIONS FOR A BETTER WORLD」という企業使命を掲げ、資生堂の商品やサービスによって、心身ともに健やかで美しく、前向きに日々を過ごせる社会の実現を目指している。健康への関心が高まる中国で、本協賛を通じてスポーツ振興に貢献する。 参考文献:DIGIMA

2019/05/24

香港

今年の輸出総額伸び率は5%と予測

香港貿易発展局(HKTDC)は今年の輸出総額伸び率を5%と予測していることが分かった。5月15日の『文匯報』(電子版)によると、HKTDCの梁国浩・総裁補佐は同日、重慶市で開催された「都市建設 重慶・香港フォーラム」に出席し、「米中双方は最近たびたび貿易交渉を行っており、われわれは経済発展の先行きについて慎重ながらも楽観している」と指摘。香港の今年の輸出総額伸び率は5%、輸出量伸び率は3%との予測を示した。   梁氏はさらに「一帯一路と粤港澳大湾区がまさに香港企業を支援している。特に中小企業が新市場や他の生産基地を開拓するのをサポートできる」と語った。HKTDCはメディアを通じて対応措置や市場情報をアピールしているほか、生産拠点の設置を検討するために香港   企業の視察団を組織するなどの支援を行っているという。今後さらに香港企業が欧州や日本などの成熟市場、フィリピンやインドネシアなどの一帯一路市場や大湾区市場を開拓するのをサポートする方針だ。 参考文献:DIGIMA

2019/05/15

香港

日本のラーメンチェーン「一風堂」 香港の「男人街」近くに出店

株式会社「力の源ホールディングス」傘下のCHIKARANOMOTO GLOBAL HOLDINGS PTE. LTD. は、現地のライセンスパートナーであるRAMEN CONCEPTS LIMITEDと共に、香港の九龍エリアにあるEaton Hotel Hong Kong(イートンホテル香港)内に5月3日、「一風堂」Eaton Hotel店をグランドオープンした。    同店は九龍エリア内最大の繁華街である「ネイザンロード」沿いにあるホテルイートンホテル香港のロビーがあるGフロアに出店。「Eaton Hotel」はMTR佐敦駅から 徒歩約5分という立地で、さらに夜市で知られる市場「男人街」や「女人街」といった九龍エリアの人気スポットも徒歩圏内。    ラーメンのほかに「一風堂ポークバンズ」や「黒豆入り抹茶ぷりんどら」などの一品料理を豊富にそろえている。 参考文献:DIGIMA

2019/05/07

香港

柴湾にメルセデス・ベンツがブランドセンター 超富裕層数世界一の香港市場で

ドイツの高級自動車メーカーのメルセデス・ベンツと香港の代理店である仁孚(Zung Fu)は4月11日、香港島東部の柴湾(Chai Wan)にブランドセンター(60 Ka Yip Street, Chai Wan, Hong Kong)をオープンした。 メルセデス・ベンツといえばアメリカの消費者情報誌「コンシューマー・リポート」の「2019自動車ブランド別信頼性ランキング」で、ライバルで1位に輝いたレクサスよりも低い順位(17位)となったが、それでも、それまでに培ってきたブランド力、走行性能、安全性など多くの面で世界の自動車メーカーが目指す「基準」になっている。 調査会社「ウェルスX」は2018年9月に3,000万米ドル(約33億円)以上の資産を保有する「超裕福層」の数について、香港は1万人で世界一の人数を誇ると発表した。2位はニューヨークの8900人、3位は東京の6800人だった。世界の自動車メーカーが香港で車のCMを流す場合、大体、香港外で作ったCMを輸入して流すケースが多いが、アウディは2014年に香港専用のCMを制作したケースがあるなど、メルセデスやBMWを含め裕福層が多い香港市 続きを読む