wen-wen.me

PR広告
ついにタイ進出決定!話題のあのお店。

「 中国 」 一覧

2018/01/03

中国

ニチイ学館、中国で認知症の高齢者介護事業を開始

同社は、上海や広州など他の大都市でも同様の施設を展開していく予定で、2021年3月までに売上高を約10倍の200億円まで高める計画だ。 ニチイ学館は12月、中国で認知症の高齢者に特化した住居型介護サービスを提供する初の施設を北京市内に開業した。認知症向けグループホームのノウハウを生かし、中国市場に進出する。 新しい施設は全23床で、月額利用料金は約3500ドル。 主に富裕層を対象としており、共同生活を通じて認知症の緩和を目指す。 ニチイ学館 http://www.nichiigakkan.co.jp/

2017/12/06

中国

無印良品が楽しめる「MUJI HOTEL BEIJING」が中国・北京にオープン

UDS株式会社の中国現地法人、誉都思建築咨詢(北京)有限公司は2018年3月20日、北京市にMUJI HOTEL BEIJINGを開業する。   MUJI HOTEL BEIJINGは天安門広場前門南側、北京市の新たな文化発信シンボル(北京文化新地標)となる「北京坊」に建設される。   同地区は「胡同」と呼ばれる歴史ある路地が残る北京らしい風情を感じられるエリアであると同時に国際デザインウィークの主催地でもあり、今後、北京の商業・文化・アートの発信地となるべく「中国式ライフスタイル体験エリア」「中国式生活体験区」として北京大柵欄永興置業有限公司により再開発の計画が進んでいる地区である。   MUJI HOTEL BEIJINGは客室や共用部の一部に無印良品の家具やアメニティグッズを取り入れ、滞在しながら無印良品のライフスタイルを楽しめるホテル。客室は42室。1階にレセプション、ラウンジ、ブックショップ、ミーティングルーム、Cafe&Meal MUJIを、2階から3階に客室、4階には天安門広場を望むルーフトップテラス付きのレストランMUJI Dinerを設け、地下1階には無印良 続きを読む

2017/11/20

中国

中国「独身の日」セール、過去最高の2兆8600億円を記録!

中国最大級のECサイトを運営するアリババグループは、11月11日、独身の日に実施したECセールスイベント「11.11 Global Shopping Festival 2017」での流通総額が、昨年比40%増の1682億元(約2兆8600億円)だったと発表した。   「1」が独り身を連想させることから、中国では、1が4つ並ぶ11月11日は、独身の日として知られている。「独身は出かける予定もなく、独り家でネットをする」という発想から、ネットで買い物を楽しんでもらおうと、中国ネット通販大手の「タオバオ」で、2009年からショッピングセールが行われるようになった。   その後、他のネット通販業者も追随して開催するようになり、年々、取引件数や規模が拡大しており、11日~16日の5日間の中国国内の荷物の取扱量は16億件に上ると見込まれている。 阿里巴巴集団 https://page.1688.com/4117c403.html

2017/11/17

中国

ベルトラ、アリババの旅行サイトに旗艦店

世界各地の現地オプショナルツアー専門予約サイト『ベルトラ』を運営するベルトラ株式会社は、中国最大手のEC運営企業 Alibaba Group(阿里巴巴集団)が運営する旅行専用プラットフォーム「Fliggy」(旧名称:Alitrip、阿里旅行)に9月28日に旗艦店を出店した。     中国のインターネット通販における最大の商戦日11月11日独身の日セールでは、沖縄、東京、京都で参加できる体験アクティビティを期間限定の特別価格でのキャンペーンを実施。    Fliggy」への出店によりベルトラはさらに販路を拡大、中国からの訪日旅行者は中国で利用率の高いアリペイ決済で、日本で参加できるオプショナルツアーの事前の予約が可能となった。 ベルトラ株式会社 https://www.veltra.com/jp/

2017/09/11

タイ, 中国

中国受注のタイ高速鉄道は10月に工事開始で完成は2021年

バンコク~ナコンラチャシーマー(コラート)の253kmに及ぶ高速鉄道については、7月11日に内閣で承認され、この10月から工事が開始される。結局、投資額1794億バーツはすべてタイ側が負担し、中国は技術などを提供することになった。   時速250㌔で600座席の鉄道で、90分ごとに出発し、バンコク‐コラート間は1時間17分で結ぶ。当初は1日5310人の乗客を予想しているが、現在、1日に2万人の人が行き来しているため、のちにはそれ以上の乗客を見込んでいる。   バンコク~ナコンラチャシーマー間の駅は6つで、バンスー、ドンムアン、プラナコンシーアユタヤー、サラブリー、パックチョン、ナコンラチャシーマーの各駅。   運賃はバンコク‐アユタヤが195バーツ、バンコク‐サラブリーは278バーツ、バンコク‐パックチョンは393バーツ、バンコク‐ナコンラチャシーマーは535バーツ。   工事は4つに分けて行われ、クラーンドン‐パーンアソークの3.5㌔、パックチョン‐クローンカナーンチットの11㌔、ケーンコーイ-ナコンラチャシーマーの119・5㌔、ケーンコーイ‐バンスーの119㌔。   完成は2021 続きを読む

2017/08/28

中国, 日本

楽天グループ、中国最大級の民泊プラットフォーム事業者と提携を結ぶ

楽天グループの民泊事業会社である楽天LIFULL STAY株式会社と中国最大級の民泊プラットフォームを手掛ける「途家」は8月2日、民泊事業での業務提携についての契約を交わした。   この提携に基づき、楽天LIFULL STAYは「途家」のユーザーに対して日本各地の魅力を訴求することで、インバウンド需要拡大を狙う。   両社は訪日中国人旅行者の動向や人気のエリア情報などを共有するとともに、旅行者にとって魅力ある民泊施設やユニークな民泊施設を提供していくとのことだ。   日本政府観光局によれば、2016年度の中国からの訪日観光客は前年比27.6%増の637万人に上るといい、両社はこの高まる宿泊需要に対応するため、幅広い宿泊の選択肢を提供していく。 W上海―外灘(W Shanghai―The Bund) https://www.rakuten-lifull-stay.co.jp/

2017/08/23

中国

上海初のWホテル「W上海ー外灘」が開業

マリオット・インターナショナルは6月30日、上海市に、アメリカを中心に展開するブティックホテル「W上海―外灘(W Shanghai―The Bund)」を開業した。 大胆で革新的なデザインが魅力のW上海―外灘は、黄浦江の岸沿いに位置し、モダンな高層ビルと歴史を感じさせる古き時代の建築が融合した上海の美しい景観を堪能できる。 ホテル入り口に設置されたリビングルーム(ロビーエリア)、ウェルカムデスク(フロントデスク)では、上海に今も残る昔ながらの集合住宅と、対照的なネオンをモチーフにした光のアートが迎える。   374のスタイリッシュな客室には、Wオリジナルベッドと、上海名物の小籠包と箸を模したユニークなピローが置かれ、全室から黄浦江と浦東のスカイラインを望むことができる。   全客室中の内、35室がスイートで、最上級の「エクストリームWOWスイート」には370平方メートル以上のリビングスペースに、大胆なデザインのネオン装飾が施されている。 W上海―外灘(W Shanghai―The Bund) http://www.starwoodhotels.com/whotels/property/ 続きを読む

2017/08/18

中国, 日本

「WeChat(微信)」と連携した越境EC構築システムのサービスが開始

JC Connect株式会社(JCC)は、中国インターネットサービス大手、テンセント(騰訊控股有限公司)が提供するインスタントメッセンジャーアプリ「WeChat(ウィーチャット)/微信」のAPIを活用した越境ECシステム『ShopCN(ショップシーエヌ)』のサービス提供を7月18日から開始した。     中国人旅行客の“爆買い”で注目となったインバウンド需要。これを受け一つのマーケットとして成長しているのが「越境EC」。    しかし、多くの日本企業が中国マーケットへのビジネス展開を狙うなか、中国大手ショッピングモールの審査の厳しさ、保証金と年間利用料が高額であるという弊害により、導入を見送ってきた。    この度、JCCがスタートする『ShopCN(ショップシーエヌ)』は、月間9億3800万ユーザー(3月時点)が利用する「WeChat/微信」の公式アカウント上にAPIで連携、自社越境ECサイトを構築できる日本初のサービス。    これにより中国人消費者向けに商品を販売したい日本企業は、低コストでECサイトを運営することが可能となり、「WeChat/微信」の機能の一つであるオンライン決 続きを読む

2017/08/11

中国, 日本

中部国際空港、中国人客向けにアリペイ導入

アント フィナンシャル ジャパンは、中部圏と世界、日本各地と世界をつなぐハブ空港の中部国際空港株式会社と提携し、7月11日よりアント フィナンシャル ジャパンが提供する「支付宝(以下「アリペイ」)」を導入した。 日本市場に進出した最初の中国のモバイル決済プラットフォームとして、アント フィナンシャル ジャパンは、2015年10月に日本での対面決済サービスを開始。   訪日中国人観光客に中国国内と同様にシームレスな決済体験を提供することを目的に、東京、大阪、京都、北海道、沖縄、福岡など、人気の高い観光地を中心に、現在2万5千以上の日本の加盟店でアリペイを通じて決済する事が可能となった。   訪日中国人観光客にとって移動の中心拠点となることから、空港は重要な導入先と考えており、2016年9月に成⽥国際空港と関⻄国際空港にアリペイを導入し、現在両空港内の90%以上の店舗で利用が可能。 さらに2017年1月には羽田空港にも導入され、いずれの空港においても決済の提供のみならず、ビッグデータの分析やマーケティングイベントも実施している。 支付宝 https://www.alipay.com/

2017/08/07

中国, 日本

老舗蘭州ラーメン店がついに日本初上陸

100年以上の歴史と伝統を持つ老舗蘭州ラーメン店『馬子禄(マーズルー)』の日本店が8月22日に東京・神田神保町にオープンする。 シルクロードの蘭州市で100年以上も蘭州牛肉麺を提供している『馬子禄(マーズルー)』は、数ある蘭州ラーメン店の中から唯一、中国政府から「中華老字号(中華老舗ブランド)」に認定されている。   日本店の店長は、大学時代を北京で過ごし、現地で食べた蘭州ラーメンの虜に。 帰国後、日本で蘭州ラーメンを食べたくても蘭州ラーメン屋がないので、開業しようと一念発起。当初、自分で試行錯誤を重ねたが、複雑な薬膳スパイスの組み合わせや手打ち麺の技術を習得できず、本場の蘭州に行って修行できるラーメン店を探すことを決意。現地で何十軒も蘭州ラーメンを食べ歩き、一番おいしかったのが『馬子禄(マーズルー)』。   修行させてもらえるようにお願いするも、最初は相手にしてもらえず。それでも何度も現地に足を運んだ結果、本気さと熱意が伝わり、ようやく修行が許可されました。麺打ちからスープ作り、ラー油作りを徹底的に教え込まれ、日本店開業に至った。 馬子禄 http://lanzhou-lamian. 続きを読む