wen-wen.me

PR広告
ついにタイ進出決定!話題のあのお店。

「 香港 」 一覧

2020/09/14

香港

MTR、中秋節は終夜運転しない

香港鉄路(MTRC)は9月10日、今年の中秋節当日の運行態勢について発表した。 同日の香港メディアによると、中秋節に当たる10月1日(国慶節)は通常通りの運転スケジュールで列車運行サービスを提供し、終夜運転は提供しないと発表した。   MTRCは各鉄道路線の運行状況と乗客量に留意し、新型コロナウイルス肺炎(COVID―19)流行状況と乗客の需要を慎重に検討した結果、終夜運転は行わないことを決定したという。   例年では中秋節の晩は月見客が深夜まで外出しているためMTRが終夜運転を行うことが慣例となっている。 参考文献:DIGIMA

2020/09/11

香港

譚仔雲南米線がオリジナルの傘販売

譚仔国際傘下の「譚仔雲南米線」は地元イラストレーターとの提携で18種類のデザインの傘を発売する。    9月4日の『香港経済日報』(電子版)によると、「譚仔遮遮」と銘打たれたオリジナルの傘は7日から販売するもので、指定の店舗で消費した場合に40ドルをプラスすれば購入できる。     収益はすべて慈善団体の協康会に寄付され、特殊教育が必要な児童を支援する。傘のデザインに起用されたイラストレーターは文地貓、Chocolate Rain、東尼電機などで、それぞれ18区各地をモチーフにしている。1回の消費で購入できるのは1本に限られ、売り切れ次第販売終了となる。 参考文献:DIGIMA

2020/08/31

香港

ポンペオ国務長官、HSBCを非難

米国のポンペオ国務長官は8月26日、中国が英国に対して脅迫を続けているとの声明を発表した。 27日付香港各紙によると、声明では最新の脅迫例として英国の香港上海銀行(HSBC)が壱伝媒集団(ネクストメディア)の香港にいる幹部のクレジットカードと個人預金口座の使用を停止したことを挙げたほか、HSBCに対して米国が制裁リストに挙げた香港・中国の官僚の口座を保留していると非難した。    さらにHSBCアジア太平洋地区の王冬勝・行政総裁が数カ月前に中央が「香港版国家安全法」を施行するのを支持したことを批判し、HSBCの中国事業は英国に対する北京の政治カードとなっていると指摘した。 参考文献:DIGIMA

2020/08/21

香港

キャセイ、旅客機を貨物機に改造

新型コロナウイルス肺炎(COVID―19)流行によって航空業界では旅客輸送量は大幅に減少しているが、貨物輸送量は急増している。   このため航空会社は旅客機を貨物機に改造して物資輸送を加速させ収入増加を図っている。8月17日付香港各紙によると、香港の航空会社の中でもキャセイパシフィック航空が早くからこの貨物輸送競争に参入しており、旅客機を貨物機に改造している。同社の客室乗務員労働組合は、旅客機を貨物機に改造した場合、少なくとも1人の客室乗務員が勤務する必要があるが、10人余り必要とする旅客機には及ばないためフライトを増加させたとしても彼らの収入は改善しないと指摘。3月から始まったフライト減少によって客室乗務員らの士気は低下しており、保険業界やヨガ業界に転職する者も現れているという。 参考文献:DIGIMA

2020/08/19

香港

非住宅物件のローン融資上限緩和

香港金融管理局(HKMA)は8月19日、非住宅物件のローン規制を緩和すると発表した。 同日の香港メディアによると、HKMAは非住宅物件のローンに適用する融資上限を10ポイント引き上げ、一般的ケースの融資上限を現行の40%から50%に引き上げ、20日から発効とする。   HKMAの余偉文・総裁は「住宅物件市場は安定を維持しているものの、オフィス、工業ビル、小売業物件といった非住宅物件の価格と取引量はいずれも顕著な調整がみられている」と指摘し、新型コロナウイルス肺炎(COVID―19)流行と地政学リスクの緊張がビジネスマインドに影響し、非住宅物件市場は引き続き圧力を受けると予想。非住宅物件の価格動向、取引量、経済基調、外部環境などの要素を考慮してHKMAは現在が非住宅物件に対する規制緩和を行うのに適していると判断したという。 参考文献:DIGIMA

2020/08/17

香港

KKdayがホテルの長期滞在優待

新型コロナウイルス肺炎(COVID―19)で香港を訪れる観光客がほぼゼロとなっているため、多くのホテルでは月極めの優待宿泊プランを打ち出している。   8月10日の香港メディアによると、旅行予約プラットホームのKKdayは「避世悠長住宿計画」と銘打って長期宿泊プランをプロモーション中。1人1日わずか116.7ドルで高級ホテルに宿泊できる。優待プランは14日間と30日間のセット価格で選択肢を提供している。セントラルの香港美利酒店(ザ・マレーホテル)のロングステイ宿泊プランにはクリーニングとドライクリーニングの2割引、スパが1割引、すべてのレストランとバーが1割引となる。港威酒店の14日間からのロングステイ宿泊プランではレストランが2割引、ドライクリーニングが半額などの優待を提供。8月末までに宿泊した場合は海港城と時代広場で使用できる総額400ドルの買い物優待券がもらえる。デラックスルームでの14日間の宿泊料金は8470ドルで、1日平均605ドルとなる。そのほか蘭桂坊酒店、簡悦酒店などのロングステイ宿泊プランもある。 参考文献:DIGIMA

2020/08/12

香港

非強制の全市民ウイルス検査を実施

林鄭月娥・行政長官は8月7日、全市民を対象に新型コロナウイルス(COVID―19)の任意無料検査を行うと発表した。 同日の香港メディアによると、林鄭長官は中国本土系の検査機関3社が香港での検査能力を拡大することによって2週間後には全市民に対し無料ウイルス検査を開始できるとの見通しを示した。検査は非強制で、1日当たり約50万人の検査が可能。林鄭長官は検査ではプライバシーを保護し、実験室の人員はサンプルが誰の物かを知ることはできず、サンプルも短期間のうちに香港で処分すると説明したほか、「今回は人命にかかわる事態。社会では不要な陰謀論を散布してはならず、ましてや中央と特区の関係を破壊してはならない」と強調した。   また検査推進と同時にアジア国際博覧館に隣接する約3.2ヘクタールの用地に800~1000床の陰圧隔離病棟と関連医療設備を備えた「香港版火神山医院」ともいえる仮設病院を建設。加えてアジア国際博覧館の仮設病院も拡張して約1000床を配置する。林鄭長官は中央がウイルス検査と仮設病院建設の費用負担を申し入れていることも明らかにした。ウイルス検査は外出禁止とともに行わないと効果が薄れること 続きを読む

2020/08/10

香港

夜間の店内飲食禁止18日まで延長

特区政府は8月10日、新型コロナウイルス(COVID―19)防疫措置の現行規定の延長を発表した。   同日の香港メディアによると、政府は「預防及控制疾病(規定及指示)(業務及処所)規例」(第599F章)、「預防及控制疾病(禁止群組聚集)規例」(第599G章)、「佩戴口罩規例」(第599I章)の下での指示・制限を官報に掲載し、現在実施している社交距離の措置を延長した。有効期間は12日午前零時から7日間で、18日までとなる。   飲食店は1卓2人までで午後6時~午前5時は店内飲食を禁止、3人以上の集まりを禁止、屋外・屋内問わず公共の場はマスク着用を強制、特定の13種類の店・施設は営業を停止するなどの措置がすべて継続される。   政府は過去1週間の毎日の新たな感染者数がやや減少したものの以前として高い水準であり、死亡率も高まり、約40%の感染経路が不明であることから現行措置の継続が必要と判断した。 参考文献:DIGIMA

2020/08/07

香港

アジア博覧館用地に臨時病院を建設

新型コロナウイルス肺炎(COVID―19)流行第3波に対応して特区政府はアジア国際博覧館第2期の建設用地に臨時病院を建設する計画だ。 8月3日付香港各紙によると、張建宗・政務長官は2日、中央の支援チームが短時間のうちにアジア国際博覧館を仮設病院に改装するのをサポートするほか、「香港版火神山」ともいえる臨時病院の建設もサポートすることを明らかにした。政府が建設用地を探して速やかに工事を進めると述べていたが、建設予定地はアジア国際博覧館第2期の建設用地となるもようだ。支援チームは武漢での臨時病院の建設ノウハウがあるため、香港での臨時病院建設の設計や計画は彼らが主導し、完成までの時間短縮を図る。特区政府は冬に第4波、第5波が現れることも踏まえ、臨時病院の建設が必要だと考えている。建設予定地はアジア国際博覧館の隣の空き地で約5万3000平方メートルとなっている。 参考文献:DIGIMA

2020/08/05

香港

リンガーハットが香港から全面撤退

長崎ちゃんぽんの「リンガーハット」は7月29日、香港最後の店舗となった将軍澳支店の閉業を発表し、香港市場から全面撤退することとなった。 同日の香港メディアによると、香港ではリンガーハットは火鍋チェーンなどを経営する稲香集団が経営している。将軍澳支は29日、SNSで閉業を発表し、中国語、英語、日本語で「さようなら」と書かかれた写真をアップした。稲香集団のホームページからはすでにリンガーハットのロゴや店舗情報が削除されている。リンガーハットは2013年に香港に進出し、九龍湾淘大商場に香港1号店をオープン。その後、黄埔、将軍澳広場に開店したが、次々と閉鎖された。また稲香は26日から全店舗を休業、暫定的に8月5日に再開すると発表している。 参考文献:DIGIMA