wen-wen.me

PR広告
ついにタイ進出決定!話題のあのお店。

2015/06/12

マレーシア

大和ハウス工業、マレーシアでプレハブ戸建て住宅

大和ハウス工業(大阪市)は11日、プレハブ工法による戸建て住宅の開発販売を行う合弁会社をマレーシアに設立したと発表しました。

新会社は「ダイワ・サンウェイ・デベロップメント」。資本金4063万リンギ(約14億円)で、大和ハウスが70%、マレーシアの大手不動産ディベロッパー、サンウェイが30%出資した。

 合弁会社は今夏から、マレーシア・ジョホール州南部の総合都市開発計画サンウェイ・イスカンダル・プロジェクト内の約5・3ヘクタールに戸建て住宅100戸を建設し、2016年春から販売する。販売価格は7000万―9000万円台を予定。

 開発・販売するマレーシア版の戸建て住宅は日本のプレハブ住宅の強みである高品質、短工期を実現。工期は約5カ月で、現地の在来工法の約半分に短縮する。天井高は3・4メートルと日本の約1・5倍に引き上げ、熱帯特有のよどんだ空気を室内上部に逃すとともに、天井設置のシーリングファンを利用して温められた空気とエアコンの冷気をかくはんすることで、空調効率を高める。

大和ハウス工業
http://www.daiwahouse.co.jp/

 - マレーシア

  関連記事