wen-wen.me

PR広告
ついにタイ進出決定!話題のあのお店。

2018/12/28

中国

百度(バイドゥ)が訪日中国人検索ランキングを発表 検索ワードが具体的に

中国の検索市場において第1位のシェアを誇る百度(バイドゥ)の日本法人Baidu Japanは、訪日中国人を中心とした百度検索サービスユーザーの日本における検索データを元に2018年の検索ワードランキングを発表した。
 
「富士山」よりも「河口湖」のほうが検索されているなど、より細かく観光対象を検索している様子が浮かび上がった。
 
都道府県ランキングは、インバウンド客に人気の大阪、京都、東京が昨年に引き続き上位を占めた。昨年ランク外だった「愛知県」が4位に入り、「ゴールデンルート」の周遊エリアとして人気が集まってきている。一方で、トップ5以外では「心斎橋」「横須賀」「那覇」など、都道府県名ではなく、都市名・地域名を検索する結果も出ており、訪日外国人の知識が充実し、検索キーワードが細かくなっていることが分かる。

参考文献:DIGIMA

 - 中国

  関連記事