wen-wen.me

PR広告
ついにタイ進出決定!話題のあのお店。

2018/12/26

インドネシア

イオン、インドネシアの配車大手「Go-Jek」と提携

イオン株式会社は、インドネシアでモバイル端末からタクシーなどを呼ぶ配車サービスでインドネシア大手のユニコーン企業「Go-Jek」とパートナーを組み、デジタル決済や自宅への宅配を開始すると発表した。

まずは、ジャカルタの2店舗でGo-JekのGo-payを使って支払いが出来るようにし、Go-Jekの運転手による宅配サービスを利用するという選択肢を増やす。これにより、モールに足を運ぶ従来の顧客以外に、自宅や会社などから注文する新たな顧客層を取り込みたい考えだ。またモールにはGo-Jek提携ドライバーが待機できるエリアを設置し、買い物客の行き帰りの交通手段を提供する。

イオンは東南アジアで1,300店舗を経営しており、1984年にマレーシアで初店舗を出店以降、様々なASEANの国に出店を続け、2019年には新たな3店舗をインドネシア国内に出店予定だ。

一方のGo-Jekは自動二輪のドライバー約100万人と提携しており、2018年度にはベトナムとシンガポールにも進出を果たしている。今後はタイやフィリピンなどの東南アジア諸国でのサービス開始も視野に入れており、グーグルやマイクロソフトからも注目されている企業だ。

参考文献:DIGIMA

 - インドネシア

  関連記事